« 散財のブツ、到着 | トップページ | おっさん姿 »

2010.06.07

TIGER 試乗

 ツーは全行程 400km くらいまで。もっと遠くへ行くときは泊まりを入れる。
 真冬の高速道路はゆっくりでこなし、遠いときは急がず済むよう、やっぱり泊まる。
 タンデムは、往復 100km くらいまで。

 要するに、防風性能がいま一歩で、50kg や 60kg のプラス加重をものとしない安定感よりは軽快さを感じるバイクだったわけなんですが。
 これがまた、素ん晴らしいバイクじゃあ、ありませんか♪

 何年かたって もっと軽いバイクにしなければならん!となったときは、運転姿勢が楽ちんな R1200 GS か、F800 GS か。そう思っていたのだけど、運転姿勢が同じく楽ちんでエンジンが好みだとわかったこちらが良いかも。

 Triumph TIGER (SE) です。

   

 房総半島や富士五湖エリアへの写真撮影の足として、都内@@の足として、ひじょーに使いやすいバイクじゃないかしらん。カタログ(装備)重量 228kg は、とても軽快です。

 何よりも、エンジンがいい!

 言葉にするのが難しいのだけど・・・ ビートがちょうど良い感じなんです。4気筒の神経に障る甲高さが無くアクセルを開けやすくて、2気筒の振動がない。びゅ~~っと なめらかにフケ上がるエンジンでした。気持ちいい!
 そして、その気になれば4気筒並にパンパン回るし、4気筒より軽いことが感じられて、車体が軽快に感じます。低回転でもだいぶ粘ったから、渋滞・混雑でも問題なさそうです。

  

 3つのケースが着くことから一言で「ツアラー」とまとめられるのかもしれませんが、K1300 GT とは用途(想定する距離レンジ)が異なりますね。

 防風性能からして、自分的には CB1300 SUPER BOL D'OL の距離レンジとかぶるかも。そう思いました。でも、CB1300 SUPER BOL D'OL よりずっと軽くて、ゲタ的使用の都内@@にも使えることでしょう。運転姿勢が CB よりずっと楽ちんで、シートも良い。

 写真を見るとわかりますが、BMW の GS シリーズ並。昔の実用バイクを思い起こさせるほど楽ちんな運転姿勢です。

   

 う~~む・・・ 世の中にはいいバイクがあるものだな~ (^o^)

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« 散財のブツ、到着 | トップページ | おっさん姿 »

コメント

はじめまして。
ブログ村からこちらに来ました。

トライアンフのタイガー、以前から気になってました。
GSを買うときにかなり比較しました。
結局GS-Aをかってしまい、試乗はしませんでしたが。

3気筒のエンジン、そしてその軽さ、いい感じでしたか・・・
また気になってしまします。

それにしてもこの色のタイガー、いいですね~。
また遊びにきます。

投稿: ていじん | 2010.06.07 04:46

タイガーよさそうですね^^
軽いのは確かに魅力的ですね。
GT重いんで^_^;

投稿: たーさん | 2010.06.07 15:13

>>ていじんさん

はじめまして。

TIGER、よいエンジンでしたよ~ (^O^)

もちろん、好みによることですけど。(^_^)

自分は、2気筒よりも、どちらかと言うとマルチ寄りの好みです。
でも、バイクで高性能4気筒はその甲高さが神経に障ってしまう奴でして。(^^;)
軽い方がいいと思い始めるお年頃だし。(笑)

他のメーカーが手を出さないことからも思うに
3気筒は、スペックやレース戦績で市場に訴求する商品に仕上げるのが難しく、
かと言って味わいといった部分も表現しにくい「びみょ~」なものなのでしょう。
ハーレーや BMW、Ducati の2気筒みたいな明快な個性とは、ちと違いました。

しかし、この「びみょ~」さも他にはない個性で、
「乗ってみると良さがわかる BMW 」的な、いい具合♪な調律だと感じました。
自分の好みには、たぶん、エンジンは、あのまとめ方あたりがツボなのだと思います。

車体全体としては、R1200 GS よりさらに軽快方向だと感じました。軽いですしね。

長大な距離をひたひたと走り続けるには R1200 GS の方が向いていると思います。
まだ試乗できていない R800 GS に推測している軽快感くらいかな?? と推測を重ね。

そして、
車体各部のしっかり感や考え尽くされた作りといった面で、BMW に分があると思いました。
サスペンションはけっこういいものを使っていると思いましたけど。> TIGER

ていじんさんも是非、いちど乗ってみてください。(^_^)


>>たーさん

K GT、重いですよね~。(^^;

その重さがタンデムのプラス加重をものとしない安定感に繋がっていること。
TIGER に乗ってみて、あらためて理解しました。

が、土曜日の箱根で、強羅の急斜面旅館群小道に迷い込んだとき・・・ 辛かったです。
あんまり書くと、相棒から「わたしがそんなに重いって?!」と突っ込まれるから
このへんで。(笑)

投稿: ぽてち | 2010.06.07 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/48563234

この記事へのトラックバック一覧です: TIGER 試乗:

« 散財のブツ、到着 | トップページ | おっさん姿 »