« 決めた!の理由(K1300 GT)その一 | トップページ | 陽射しと鰺のパワー »

2010.02.08

サイズが合うありがたさ(K1300 GT)

 K1300 GT が自分の体格にあっていたこと、笑っちゃうくらいでした。

 試乗のときは日本仕様のシート(欧州でのローシート)を高い位置にセットした状態だったのですけどね。それでも Wyvern Comfort EX シートをつけた CB1300 より自然でした。

 そして後日に ETC ユニット外しと下取りだしのために CB1300 を持ち込んだとき、すでに入荷しているハイシート(欧州での標準シート)を試してみてくれと言われて、工場内でまたがってみました。
 通常の低い位置にセットしてまたがってみただけで良い♪と思ったのに、高い位置にセットしてまたがってみたら・・・ あまりにもピッタリなことに驚きを感じるほどピッタリです。

 またがっていて、足、尻、腰、上体のどこにも違和感がなく、どこにも力を入れずにピタッと停止していられる。
 ステップに足を乗せてみると、シート高が適切なせいでしょう、ペダル位置を調整する必要を感じません。片足立ちになっていても、まったく揺らがないし。ブレーキを踏んでいる必要がないくらい安定します
 日本仕様のシートを通常の低い位置にセットすると、片足になったとき、時に揺らぐんですけどね。ハイシートならまったく揺らがず停止していられます。無意識にバランスをとる無意識の微かな力だけ。こりゃ信号停車で楽ちん♪です。

 バイクでサイズが合うってのは、こういうことなんだ!と大感心しました。日本の最頻値サイズの人はこんなに運転しやすい姿勢で日本車に乗れていたのか!と、ちょっと妬ましくなりました。(笑)
 自分がやることは、最高位置にセットしてあるハンドルを、車に慣れてから一段か二段下げることくらいかしらん。

 1年前からこいつを視野に入れていればよかった。(^_^;) しみじみとそう思った。

 てこ入れ試行錯誤をだいぶ行って、走り味も気に入っている CB1300 を手放すことに後ろ髪を引かれる思いたっぷりだったんですけどね。

 CB1300 標準のシートに替えてお店まで運転して、前下がり座面とその低さにだいぶ乗りにくさを感じつつ「 CB1300 ですら、素の日本車だとやっぱりこうなんだよな~ (__; 」と思う。車で追走してきた相棒も、信号停車でがに股になってしまっている我が姿を見て「ほんとにダメなんだねぇ」と思ったそうな。(^_^;)
 そして行った先で乗車姿勢がぴったりなことをあらためて確かめたら、すっぱりと吹っ切れました

 メインのエンジン乗り物がまたホンダでなくなってしまうけど、ツアラー性能からしても乗車姿勢からしても、どうしようもありません
 当面の間、何年間になるかわからないけど、バイエルンのエンジン屋さんとつき合ってみることにしました。

 いつかまた、メインのエンジン乗り物をホンダにしたい気持ちがあります。でも、体格からして、国内で売られるバイクは無理でしょうね。国内向けのバイクは、ホンダであっても排気量の多寡を問わず2番手3番手の存在にしかなり得ないと思います。
 4輪は・・・ 路線が違っちゃいましたからね~。いつかまた、ホンダ車に戻れるといいのだけど。

|

« 決めた!の理由(K1300 GT)その一 | トップページ | 陽射しと鰺のパワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/47515044

この記事へのトラックバック一覧です: サイズが合うありがたさ(K1300 GT):

« 決めた!の理由(K1300 GT)その一 | トップページ | 陽射しと鰺のパワー »