« ぷ~っと御前崎 | トップページ | ちび助の次を考えてみる(2) »

2009.11.12

ちび助の次を考えてみる(1)

 なんで考えてみる気になったか。

 この記事で書いたように、高速道路で友人についていくのがとても厳しかったから。非常識な速度域ではありません。先導車は後ろが軽自動車であることを考慮して、しっかりと抑えて走ってくれていました。
 困難だったのは動力性能でなく、右に左にと連続するカーブを走ること。車体性能です。

 もちろんこの一例だけから思い立ったのでなく、時おり利用する首都高速でも だめだこりゃ(^^;) と思う走りっぷりで、次の検討を促されていました。
 要するに、LIFE DIVA Turbo は、90km/h 以上での走行は軽視されている設計なんですね。

 だからといってを考えてみたとき、候補が容易に見えてきません。うちの狭い駐車場所に CB1300 SUPER BOL D'OL と同居できるくらい小さくて、なおかつ高速道路(の山岳部)を普通に走るくらいの車体性能を持つ車。
 求める小ささが壁になって、だいぶ限られた選択肢になります。そこへ車体性能の要件が加わると、さらに難しくなるようで。

 いっそ、駐車場所を狭くしている2輪をやめちゃってもいいんですけどね。そうすると、ドライビング プレジャーと実用性を兼ねあわせていて、なおかつ好みや駐車場所条件に合致する4輪車が求められます。で、そういう車が見つからず、断念したのが今の体勢です。

 現体制構築の流れ

 エンジン道楽と運転する気持ちよさを2輪に受け持たせる。しかし、自分の体格からして今の 400cc(CB400SF)は選定失敗だった。するとバイクは大きくなってしまう。だから車は小さいことと経済性能を優先する
 あわせてアコード1台分の支払いを目安とし、駐車場の車止めを取り除いて2台置いて、RX-8 1台のときと同程度の出っ張り方に収まること。

 LIFE DIVA Turbo はその観点で選定し、小さいことも経済性能も期待通りでした。動力性能は期待以上。しかし・・・

|

« ぷ~っと御前崎 | トップページ | ちび助の次を考えてみる(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/46744966

この記事へのトラックバック一覧です: ちび助の次を考えてみる(1):

« ぷ~っと御前崎 | トップページ | ちび助の次を考えてみる(2) »