« メッシュジャケット(Seool's SLB-626) | トップページ | びびり音の発生源を解明(CB1300SB) »

2009.08.25

ゲルザブの変な装着2

 090825F001 片倉ダム湖
 Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR

 爽やかないい天気の中、WYVERN Comfort Ex にもゲルザブの変な装着をしてみるテスト。行ってきました。

 どうもアタリのようです。これ。(写真は純正シートへの装着) 何が良いって、タンクと体との間が 15mmほど離れること。減速で前にずれていくことがない。そのことで、膝とすねがエンジンから少しだけ離れてエンジンの熱さがだいぶマシに感じるし、カウルの角に膝が当たることもほぼ無くなる

 上体は、前傾が少し増すのですけどね。ハンドルを Ez-Fit Bar に交換したことで、辛くならなくなって、半日走っているくらいならゲルザブの変な装着をしているのがずっと楽。そして、カーブの連続をアップテンポでこなしているときは標準ハンドルの位置が運転しやすいと感じるのですけどね。カーブの連続は、1回の走行のうち、だいぶ少ない局面ですから。

道の駅ふれあいパークきみつ 090825F005  
Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR  

 今日はツーリング日よりでした。休憩で、木陰で風をあびていると最高にいい気持ち。持参したアイスコーヒー(インスタントで作った)をちびちびやりながら煙草をくゆらせて、ゴロッと横になって一眠りしたい誘惑と戦いました。

鬼高PA 090825F006  
Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR  

|

« メッシュジャケット(Seool's SLB-626) | トップページ | びびり音の発生源を解明(CB1300SB) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/46030134

この記事へのトラックバック一覧です: ゲルザブの変な装着2:

« メッシュジャケット(Seool's SLB-626) | トップページ | びびり音の発生源を解明(CB1300SB) »