« Olympus PEN E-P1 | トップページ | 意外にも正解だった思いつき(ゲルザブ) »

2009.07.03

ホンダの隠しハイオク仕様

 090628F014 満てん(信濃町)
 Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR

 レギュラー ガソリン仕様の ちび助ハイオクを入れてみました
 出力向上を期待してのことではありません。

 ちび助は燃費指向の ATギア選択制御をしていて、積極的にギアを上げていきます。トルコンの制御も同様、低い回転から効いてくるターボ頼みで積極的に絞めていく設定。普通に走っていて 3500rpm以上回ることがありません。
 するとですね、軽いノッキングが発生するんです。登り坂でキックダウンしないぎりぎり手前の半端な踏み方をして半端な加速をさせていると、チリチリ・・・と。平坦路でも発生します。ギアが上がってトルコンも絞め始めたところで微妙にアクセルを踏み増すと、やはり発生します。

 ハイオクを入れると解消するのかな?と、興味本位でやってみました。

 その結果。ノッキングが無くなり、明らかにエンジンが静かになり、明らかに出力が向上しました。

 090628F015  
Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR  

 3番目は驚きました。ハイオク ガソリンを使うメリットは、高圧縮比の設計をできること。低い圧縮比で設計されたエンジンにハイオクを入れても体感できるほどの出力向上は無いと思っていましたから。
 まぁ、出力向上と言っても「体感できる程度には向上した」というレベルで、10馬力も増したかのような向上ぶりを見せたわけではありません。660ccが 700ccになったくらいの違い方です。

090628F016  
Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR  

 友人たちに問うてみると、彼ら曰くでは、排気量の小さな出力の低いエンジンはガソリンやオイルの影響がはっきりと出る。なるほど、それなんですかねぇ。
 レギュラーでは軽いノッキングが発生してしまって点火タイミングを遅らせてしまう(もしくは進められない)ところで、ハイオクだと発生しなくなって点火タイミングを遅らせずに済む。それが微妙な出力向上に寄与する。頭で考えてはいました。
 しかし、それは2%や3%の出力向上がいいところで、2%や3%の出力向上が体感の違いにまで至るはずがないとも考えていました。

 ターボだからなんですかねぇ? NAなら2%や3%の向上でしかないところ、ノッキングの発生しやすく点火タイミングを遅らせがちなターボでは、加給の効果と相まって5%くらいの向上を果たしているとか? ピーク値の話しでなく、低中回転の過渡特性域での話し。低中回転を重視したターボならありそうな気がします。
 理由は何にせよ、顕著に静かになって、明らかにパワフルになりました。

 静かさぶりもたいへん有り難いことです。信号での加速時や坂道を上っているとき、ンガァ~!ンガァ~!と喧しかったエンジンが、けっこう静かになりました巡航中は普通自動車に近いマイルドなエンジン音を発するようになって、エンジン周りに対する不足感がいよいよ無くなりました。

 今後は、たぶん、ハイオクを入れ続けると思います

|

« Olympus PEN E-P1 | トップページ | 意外にも正解だった思いつき(ゲルザブ) »

コメント

その後ちび助どうですか

投稿: | 2009.07.26 13:18

>>??さん

 エンジン音と微振動が低減して気持ちよく、その後もハイオクを入れ続けています。
 燃費も、まぁまぁ向上していると思います。
 登坂等でのごく軽いノッキング音は、ハイオクにしても発生することがわかりました。

 ごく軽いノッキングは、2000~3300rpm程度の低い回転域を常用しながら点火タイミングをぎりぎりまで詰めていくから発生する。レギュラーより発生しにくいハイオクにしたらしたで、やっぱりごく軽く発生するまでタイミングを詰めていくプログラムを採っている。そのように考えました。

 燃焼に関して、混合気をリーンにしつつ、デリケートな領域にまで詰めているようですね。以前疑問に思ったダイレクト・イグニッション・ユニットが6個見えること、販売店で聞いたら1気筒あたり2本の点火プラグを使っているそうです。
 一般的にコストをかけられないとされる小型・低排気量の車で、気筒あたり2本のプラグを採用したり、ダイレクト・イグニッション方式を採用したり、低回転型ターボをインタークーラー付きで載せていたり。ここまでして実用パワーと実用燃費の向上にかけるあたり、ビジネスだけでなく「エンジンのホンダ」な気質も影響しているのかな?とか。

 レギュラーを使って長距離を走った燃費は、GW直後の時期に東京都心と宇都宮を往復したときが 17.1km/Lくらいだったと覚えています。このときはエアコンを動かしていません。
 ハイオクを使った長距離だと、10日ほど前の金精峠越えドライブで、17.32km/Lだったか 17.38km/Lだったか。
 金精トンネル入り口の少し手前から東武日光駅くらいまでの間を除いた、ほぼ全行程でエアコンがガンガン動いていて、沼田から金精峠越えの長く急な登坂をやって、それでほぼ同じ数値。高速道路での巡航速度も、5月は 85km/h 基調で 90km/h を越えないように走っていたのを、先日は 90km/h 基調で 100km/h を越えないように走っていました。実質は伸びていると解釈できます。

 そんなわけで、エンジンの調子は上々。小排気量で、なおかつ低燃費もねらっているのに何とかして実用の範囲に走らせようとしている欲張りなエンジンとシフトパターンは、大いに気に入っています。装備も、ほぼモンクがありません。気になるのは、防幻ミラーだったらいいのになぁと思うことと、エアコン風とカップホルダーに置く飲み物とが共存しにくいことくらい。
 でも、強く強く苦情を言いたいところはあって、それは足周り(と重心の高さ)に由来する車体挙動のお粗末さ。プラットフォームの設計が荷物車だから、どうしようもないんですけどね。(^^;

投稿: ぽてち | 2009.07.27 18:33

その後ちび助どうですか
のコメントの者です。
名前の入力忘れ失礼しました。カワケルと申します。この度、13年間乗ったアルトワークスを手放し、8月11日にDIVA ターボ納車予定です。ディーラーにターボの試乗車がなかった為、どんなドライブフィーリングなのか思案していました。そんな中で、ぽてちさんのブログを見つけ、詳細なドライビングコメントが大変参考となります。
今は、納車迄の残り少ない時間を、色々な思い出が詰まったワークスと最後のドライビングを味わっています。

投稿: ??=カワケル | 2009.07.28 12:16

>>カワケルさん

新車への入れ替えおめでとうございます。
あと半月、待ち遠しいやら、13年も連れ添ったアルトワークスとの別れが寂しいやら?
微妙な心中をお察しします。

さて、LIFE DIVA Turbo のこと。
ご存じだと思いますが、今どきの軽自動車の進歩ぶりは凄いものだな、と思いました。
遮音性、シートやエアコンなど装備の性能、動力性能やら ATの性能やら燃費やら。
つくづく驚いています。
これでもうほんの少し動力性能が高くて車体挙動が落ち着いていたら(重心が低かったら)
小型普通自動車が売れなくなるのではないか?と思ったくらいです。
(事実そういう傾向がでてきているようですね)
まぁ、LIFE DIVA Turbo もけっこういいお値段しますから、そうでないと困るのですが。

長所は、よくできていると思えるエンジン、ATの性能、重さの割には好燃費、シート。
短所は、動力性能の割には重いことと、何度か書いていますが車体挙動。
車体挙動はプラットフォームの設計に規定されてて効果的な対策はないと思います。
(踏ん張らなくなることを覚悟で Pastel のバネに換えようかと考えていますが)

あれやこれやを総合して、我が ちび助、けっこう気に入っています。(^_^)
納車されたらインプレなど聞かせていただけると楽しみです。

投稿: ぽてち | 2009.07.28 20:28

8月11日の納車前に販売店に次期、愛車が入荷した為に発対面しました。
現車のワークスを車検一杯乗る為と、8月の友引に納車してもらう関係で入荷と納車に開きが出ています。しかしながら、ショックな事が発生です。
マイクロアンテナでないのです。ロッドアンテナなのです。運転席から手で伸ばしてやるあのヤツ。スタイリッシュパッケージに標準となると勘違いしていたのです。
ホンダのインターナビを付けないと標準とならないのです。
注文時にマイクロアンテナがいいからスタイリッシュパッケージにすると伝え、販売店の担当者も承知していたのに!
担当者にマイクロアンテナでないですね、と伝えたら一瞬沈黙していました。
この一瞬の沈黙の中で分かりました。担当者も失敗しちゃったよと、感じ取れました
組み合わせがどうのこうのいいカタログを持って来ました。
確かに書いてあります。
しかし、分かりにくい!
しかし、自分もよく読んでいなかったのでと伝え、メーカーに分かりやすくカタログ表記してとお願いし、きっぱり大人らしく諦めました。
販売店の担当者にも色々お世話になってますし、文句を言う勇気がありませんでした。
しかしながら、町中を走ってる車はマイクロア

投稿: カワケル | 2009.07.31 17:54

>>カワケルさん

マイクロアンテナというと、荷室の上あたりの屋根につくアンテナのことですよね?
希望と異なる仕様になってしまって、困りましたねぇ。
穴や配線の有無が関わることだから、お店の工場レベルで後から変更するのは難しいと推測します。
車を受け取らずに再発注してもらうのも、お店と大きくモメてみる覚悟がなければ難しいかと。
大きくモメても、双方に瑕疵があるとして、希望通りに事が運ばない可能性が高いと思いますし。

考え方で・・・
インターナビは、だいぶ高いと思います。
インターナビでなければ希望タイプのアンテナにならないことが事前にわかっていたとしても
価格を理由に選択しなかった可能性。どうでしょう?
ちび助に着けた後付けポータブル型が工賃込みで約9万円。(反応が速くて大満足)
そこで、インターナビとの価格差をアンテナのために払ってもよいか?と考える。
自分ならば、差額はレンズに・・・おっと、違う違う。(^^;)

あらためてカタログを見てみましたが、
自然体で見ていると DIVA はマイクロアンテナがデフォルトであるとすら見えますね。
全体の印象にも影響することなのだから、コメントを入れるべきであろうと思いました。

そしてお店や担当者のこと。
大きな声では言えませんが、やっちゃってくれることがあると思っていた方が無難です。
バイクのお店と比べると、車はだいぶしっかりしている方だと思いますけどね。
それでも、任せておいて安心していられるほど車は利幅の大きいものでなくなりました。
規定の点検くらいなら大丈夫だと思いますが、
部品やタイヤ等を替えるときも、作業前の状況確認と作業ミスの有無のチェック、必要です。
用品店でなく車の販売店であっても、任せておいて安心というわけではないと思います。
チェックだけでも自分でやっておくと、状況を把握にいいし、愛着がわいていいかと。(^o^)

投稿: ぽてち | 2009.07.31 23:11

》ぽてちさん
不満な点もう少し聞いてやって下さい。
カーナビはホンダ純正のインターナビ仕様でないものをつけました。
09年最新モデルで地デジ(12セグ)、液晶はW‐VGA対応です。
対して、マイクロアンテナ対応のナビはインターナビ仕様ですが、ワンセグ、液晶W‐QVGAと劣ります。
価格差は前者が3万円安いです。インターナビは付かないまでも、地デジ、液晶が良くなっている所で納得するしかないのかな?
今頃、ダストボックス等のオプション付けて!とか言いにくいし。意外と言ったら付くかな?
MCが10月頃だそうですが、待っておけば良かったになりそうな予感がします。
あと、新車のトリップメーター見たら36Kmでしたが、これは、問題ないでしょうか。

投稿: カワケル | 2009.08.01 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/45528938

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダの隠しハイオク仕様:

« Olympus PEN E-P1 | トップページ | 意外にも正解だった思いつき(ゲルザブ) »