« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.19

試乗2-2 CB1300 SUPER BOL D'OR

 CBR1000RR 再度の試乗時に、CB1300 SUPER BOL D'OR の試乗もできました。
 これも国内仕様。MORIWAKIのマフラー着きでした。

 CB1300は、動かしてしまえば重さを感じないと、よく聞きます。展示してある実車にまたがって直立させてみた感触から、その通りかもしれないと予感していました。実際に動かしてみたら、本当に重さを感じません
 車に混じって単純に走っただけだからかもしれませんけどね。ひょいひょい振り回そうとしてみたら、印象がまた違ったものになるかもしれません。だけど、普通に走るだけなら、怯えさえ感じていた 270kgの数値はどこに?と思うくらい呆気なく普通に走らせることができました。

 呆気なく普通に・・・ このバイクに感じた印象のうち一番おおきなものが、この言葉で現されるかもしれない。興奮を感じさせる CBR1000RR とは違う方向性の驚きでした。

 怒濤のトルクで呆気なく速度が乗る。CB400SFだったら気負って回していかないとならない加速を、するっとしてしまう。そして何年も乗り続けてきたと勘違いしかねないほど自然なドライブフィール。後からふり返って、驚きの念がじわじわと湧いてきます。
 そしてやはり後から思ったこと。MORIWAKIのマフラーが着いていたのが残念です。CB1300を試乗させてびっくりさせるなら、静かな標準マフラーの方がよさそうです。速度がのっていくとき、もっと呆気なく感じられたかもしれないから。「何もしてないのに、270kgもあるはずなのに、どうしてこんなに早くにこんな速度がでているの?」との感覚を、もっと感じられたかもしれません。

 もちろん、少し大きく開けてみれば強烈な加速も見せました。町中は2nd・3rdで十分?と思ったこと、CBR1000RR と似ています。だけど、CBR1000RR の強烈さとは違って、どこか安心感が漂う暴れん坊といった印象です。炸裂!でなく、怒濤の、と言えようか・・・
 ビッグマシンの重量、大トルク、怒濤の加速を、町中走行レベルであれば何の気負いも高ぶりもなく、あっさりと扱えてしまうこと。それが CB1300 の凄みなのかな。

 運転姿勢については、非常に良好だと感じました。上体はどこにも負担感が無く自然にハンドルを握れて、ハンドル位置を変えないとならないと思うことなく運転できました。シート幅が広くて尾てい骨の収まりがよく、股ぐらが痛くなることもなさそう。でも足は・・・ちょびっと、ちょびっとだけキツイかな。(^^; でも、ぎりっぎり許容範囲に収まっているとは思います。シートがあと 10mmか 15mm高かったら、完璧にジャストフィットです。輸出仕様で少し厚いシートって、ないのかしらん?
 ということは、普通の人は逆に辛いのかな? ハンドルが高く感じたり、足つきが悪かったり、と。翌日に町で見た人は、停止時につま先立ちでした。背がやや高い方に分類される、すらっとした現代の若者に見えましたが、自分ほどには高くありませんでした。はっきりと高い方に分類される人が楽をできる、国産では珍しいバイクなのかもしれません。

 気負いも高ぶりもなく、楽な姿勢で楽に、右手首ひとつでパワー荒ぶるビッグマシンで、町をスイスイと走れる。「!」マークを付けるような過激さがなく、でもズバ抜けた動力性能を、スイスイと。
 長距離もあっさりとこなすことでしょう。タンデム性も高そうです。荷物も、ケースを着ければたくさん載せられる。
 国産ビッグマシンの中ではよく売れている1台に数えられるとのこと。理解できるように思います。趣味性と(快適性を含む)実用性を兼ね備えた1台として、素晴らしいバイクだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試乗2-1 CBR1000RR再び

 先日の試乗でバケモノぶりに感動した CBR1000RR を、再び試乗してきました。
 国内仕様。MORIWAKIのマフラーが着いていました。お店の人に依れば、特性に変化無し。
 今回は頭の中の混乱少なくまずまず落ち着いて乗ってみて・・・

 今回も、ローでもトップエンドまで回すことができませんでした。だって、国内仕様のギア比でもトップエンドまで回したら速度が出すぎちゃう。(^^;
 再び感嘆しながらも、比較するとやっぱり国内仕様のギア比の方が町中では気持ちよいと思いました。普通のペースでも2ndでちょうどよく走れたし、巡航なら3rdまで入れることができたし。
 先日の海外仕様ミッションは、2ndでも、エンジンが軽く回る回転域では確実に「御用」の速度域になると感じました。町中利用を想定したとき、最大出力や出力特性の話の前に、ギア比で国内仕様が間違いのない選択となりそうです。

 がんばってある程度まで開けたとき・・・ 実に気持ちよいですね!これぞエンジン!
 車体の良さも、ブレーキの良さも、ひしひしと感じられます。素晴らしいバイクです。
 こんなバイクに試乗できるなんて、なんてありがたいことなんだ♪と思いました。

 買いたい?と問われたら、言下に是と答えるでしょう。

 国内仕様なら町中でも2ndでちょうどよく走れそうだし、3rdも巡航で使えそうだし。弾ける高回転パワーはアクセルを開けなければ始末に困ることないんだし、サスペンションの硬さもぜんぜん問題ないと思いました。シートも、こういったものにしては悪くない。どころか、いいわ♪とすら思った。
 欲しいです。乗りたいですね~。実用を考えずに、ただ走りに行って走って帰ってくる。それだけでいいと思わせるバイクです。

 でも、買う?と問われたら・・・ 残念だけど、やっぱり自分には無理かなぁ。(^^;

 積載性も長距離移動の安楽性も低くて今の自分には実用性に欠き、ストレスに感じてしまうことでしょう。運転姿勢がキツく、走ることだけを楽しみに出かけるときも行き帰りが辛くて、出かけることそのものをしなくなってしまうでしょう。そして置物化街道まっしぐら。それがまたストレスになる。見え見えです。
 コレクションだと捉えて、端から置物だと割り切る? 置物に三桁万円を出せる財布も保管場所もありません。

 すんばらしい!から欲しい!けど、自分には手が出ません
 くそ~ (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.17

Windows7βインストール

 Windows7のベータ版をテスト機にインストールしてみました。32bit版です。

 予想より短い時間であっさりとインストール終了。Webのコラム通りに、よくできているようだと思いました。とりあえず入れてみて、IEをとアクセサリをいくつか使ってみただけですが。
 その印象をば。

 ブート時間、短く感じます。操作に対する反応、Vistaで感じた待たされ感が無く、XPほどキビキビではないけど普通に動きます。Socket939版 Athlon 64 X2 の Cool'n Quiet と ASUS A8V の組み合わせ に原因があるのではないかと疑っているフリーズ現象、ちゃんと発生します。(笑) 画面、まぁ見やすいのではなかろうかと。ガジェットが鎮座していないだけでも好印象だし、画面の作りや文字も見やすく感じます。

 正規版に進化したとして、XPと比べれば重いけど、当世的なマシン環境ならストレス無く普通に使えてしまうことが予想されます。
 ふみゅ~。Nikon Capture NX と Faststone Image Viewer が対応したらメイン機を7に切り替えるのも悪くない。そう思いました。でも、その場合、グラフィックの Matrox P650 は退役ということになってしまうのですけど。

 なお、正確にはインストールに失敗。デュアルブートにしたつもりなのに、デュアルブートになりませんでした。XPのドライブを上書きしちゃったかな。(^^;)

 テスト機の環境
 ・ASUS A8V
 ・AMD Athlon 64 X2 4200+
 ・DDR400 2GB Memory
 ・ASUS AH3650 SILENT/HTDI/512M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.14

試乗

 Pht_photo_04

 前の記事にちらりと書いたように、'08 CBR1000RR を試乗できました。
 吊し状態の国内仕様と、国内仕様を改造したものと、2種類を一度に。

 町でもチラほらと見かけるし、撮影ツーリングに出たときもちょこちょこと見かけるバイクですが、実際に乗ってみる機会があるか?と考えると、そうはないものです。大変ありがたい機会を得ることができました。

 そしてその印象。バケモノ!です。

 ミッションを輸出仕様のものに換えた改造版は特に、街中ではローと2ndしか使えないですね。
 よく覚えていませんが、10500rpmまで回せるエンジンを 3500rpmとか 4000rpmまで回しただけで、ローで 45km/hくらいに達し、2ndだと 70km/h超になったように思います。薄~くあけてゆっくり加速したつもりだったのに、えっ?えっ??と思うくらいに、速度感とメーター指示速度との間にギャップがありました。3rdで、エンジンへの負担感がないくらいにしてビュルルル~と静かに巡航したら、メーターは3桁。うそぉ~!って感じ。(^^;
 ローできっちり回したら、一瞬のうちに 100km/hに達してしまうのではないでしょうか。エンジンへの負担感なく(回転が低すぎずに)、かつ常識的な速度で走ろうとしたら、やっぱり2ndがいいところかと。町中で車といっしょにもたもた走る状況では、ローしか使えないかもしれません。
 なるほど、200km/h台での走行が普通で、300km/h超にも耐えるバイクだわな、と。

 開けたときの車速の乗りが びっくら!級なだけでなく、アクセル操作に対する反応のキレも天下一品。でありながら、丁寧に操作すれば「怖くて触れない」なんてこともなし。スリッパークラッチ機構が黙って下手くそをサポートしてくれて減速シフトも苦ではありません。車体から感じる剛性感は、過去の試乗経験で一番近いのは 83年の RS500 かな。ブレーキの効きも、市販車としてはやはり驚異的

 運転姿勢は、まさに「レーシー」でした。サーキットでそのまま使えちゃう姿勢ですね。自分がこれを買うのだったら、ハンドルを5cm以上あげないと乗っていられないと思いました。同時に、このバイクが持つ加速力を発揮させようとするのだったら、これくらい前傾していないと体を支えられない。そうも思いました。
 タンクの形状はニーグリップをしやすいもので、ブレーキの性能を試したとき、とても助かります。なるほど、バイクを自在に操るために、ちゃんとしたニーグリップは必須です。

 あれ!あれ!あれ! あ゛ー! あ゛ー!と驚いている間に試乗が終わり。
 とんでもない性能だわ、こりゃ(^◇^;) なひとときでした。

 CBR1000RR、動力性能も走行性能も、我が期待と望みを完璧に満たしてお釣りがたくさんくるバイクです。これ!欲しい!と強く思うと同時に、これでは買えない、とも思いました。冷静に考える前の「思う」の段階で、買えません。
 その後どう考えても乗る用途が無く、用途不適を承知で無理に乗っても、車速を抑え続けるのに強いストレスを感じてしまうでしょう。

 残念です。買えないことを残念に思う、魅力あふれるバイクでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンデム

 他にネタがなくて、またバイクです。アップしたいような写真も、ありません。(^^;)

 タンデム走行をしてみました。後ろに乗ったのは相棒で、半日かけてバイク用品店のハシゴをしました。

 約 25年ぶりになるのですが、う~ん・・・ けっこうキツイものですねぇ。
 25年前は、もっと楽に運転できたような気がするのですが・・・

 減速時に、腕で体を支える度合いが増す感じです。後ろに座っている相棒は、前に体重をかけないよう気を遣ってくれていたのですが。

 もしかしたら、運転姿勢やシート形状の問題かもしれません。気を遣ってくれてもわずかにかかってくるパッセンジャーの体重を、昔は運転姿勢やシート形状が楽で支えやすかったのが、いまはフィットしていなくてキツく感じる。そういうことなのかも。
 運良く試乗できた CBR1000RR のシートと比較しても感じた我がシートの問題点が、やっぱり影響しているように思えてきます。

 シート表皮の張り替えを覚悟して、もう一段のアンコ盛り&形状作りを行うべきなのかも
 その場合、土台の形状にも原因がありますから、どのように盛ってもらうかを十分に考えなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型二輪教習をふり返って

 教習を始める前に危惧していたことは、バランスと重量に関することでした。

 具体的には、倒れているバイクの引き起こし、押して歩くこと、8の字旋回、平均台(一本橋)、スラローム、クランクです。
 教習課題の大どころをほぼ全て網羅する危惧内容ですね。

 実際に始めてみると、重量に関しては引き起こしで重さに辟易としたものの、乗って動き始めてしまえば 400ccとそう大きく変わるものではないと、わかりました。(車両が軽いことのメリットも、あらためて理解できましたけど)

 しかし、足腰がなまって下手くそになっているバランス取りは、やっぱり大問題。400ccに乗っていても「大いに問題だ」と感じていることです。
 約 25年前の中型教習時には積極的に使った半クラッチとリアブレーキを、無意識のうちに節約するよう心がけてしまっていることもクローズアップされてきました。乗っていたバイクで使いすぎて減らしてしまった経験から、無意識のうちにケチるようになってしまったのですね。ケチらずに多用すると、ゆっくりトロトロ&スムーズに動かそうとするのが上手くいきます。

 先導する教官がペースを上げてくれると状況に迫られ自然とそうするから、シートにどっかり座り込まず足腰を使って積極的に体を動かしていくようになります。すると、どの教習課題でもモタモタせずにクリアできるんですね。
 半クラッチ&リアブレーキを積極的に使っていくこととあわせて、足腰を強くしていきながら走る回数を重ねれば、教習課題や検定を自己満足できるレベルでクリアできるようになるはずだと感じました。

 実際には、「ダメじゃないから修了とするけど上手とはとても言えないよ。あとは自分で日々実地練習していってね」くらいのところで卒業となりました。
 検定は、スラローム、一本橋、波状路と、基準タイムがあるもので微妙に基準外。最後の教習から2週間も空いてしまった故、大失敗して検定中止になるくらいなら、少々の基準外におさめて減点された方がマシだと考えました。
 その他の項目は良好だったそうで、考えたとおりに終えることができたようです。運転免許試験場と違って、教習所は、免許をとらせることが費用に期待される基本サービスの一つ。明らかにマズイ状況でなければ、修了させようとすることでしょう。ありがたいことです。

 昨年の暮れに、笹目橋近くのレインボーモータースクールを見に行ってみました。約 25年前に自分が中型二輪教習で通ったところです。もしかして相棒が二輪免許をとると言い出したときのため。
 家からだいぶ遠いけど、二輪経験の無い相棒を通わせるなら、大メーカーの看板を背負っているところが無難だろうと考えました。教習車も許容レベルに整備されていて、まったくの初心者でも扱い難くないはずだと考えたからです。
 行ってみると懐かしい立地。立派な建物になっていました。送迎バスが池袋や早稲田まで巡回するようになっているのは、少子化の時代ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

大型自動二輪免許取得

 081214G005 Caplio GX100

 現実逃避策第一弾が終了してしまいました。

 教習で時数オーバーすることなく、検定も一度で済んで、開始からちょうど1ヶ月で取得できました。仕事の都合をつけられていれば、もう 11日早く終わったはず。かつては運転免許界の科挙とも言われた大型自動二輪も、取得しやすくなったものです。

081214G001  
Caplio GX100  

 さて、現実逃避の策、次はどうしようかしらん。

 頭にあるのは、大型特殊免許と大型免許です。いずれもだいぶいい額の費用が必要なことと、費用をかけて免許を取得しても運転できる機会を得られそうにないことから、ひょいと踏み切れずにいます。

 さらなる免許取得に走らず、今回取得した免許を活用して大型二輪を導入することも頭にあります。やっぱり、できることなら乗ってみたいですしね。
 が、しかし、「これよ、これ!」と思うツボを突かれたものがなく、現在の CB400SFにそこそこ満足しちゃっている。アンコ盛りしたシートにゲルザブを2枚重ねることでニーグリップができるようになって、加速も減速もちゃんとできるようになりました。曲がるときもフラフラせずにちゃんと曲がれる。そうしたら、扱いやすくて機敏でいいバイクだなぁ♪となってきまして。
 吊し状態のポジションがいかに合っていなかったかがわかると同時に、「運転が辛い!もっと大柄で足の楽なバイクに乗りたい!」と強く思っていたのが「これだったら短時間乗車が多い街中は小柄で軽い 400ccが便利でいいよなぁ」と。

 満足がそこそこである理由の一つ。ゼロ発進時と、巡航から加速に移るときの、トルクの細さ。排気量の小ささを感じます。いくら可変バルブ機構を採用してあっても基本が「回してナンボ」のエンジンだけに、低回転域では排気量なりであって当然ですね。
 もう一つ、ゲルザブ2枚で姿勢の辛さが解消したと言ってもぎりぎりのレベルであって、やっぱり違和感があること。まだシートが低い(足がきつい)し、30分も乗っているとゲルザブの端があたる股ぐらが痛くなってきます。表皮張り替えまでを覚悟して、もう一段のアンコ盛りをすれば、ちゃんと解決するのかもしれませんけど。

 知人からは、大型免許を取る費用をレンズに回したら?とアドバイスをもらいました。
 焦る必要はないから、しばし考えることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

新春一気買い

 090104T002 
 Nikon D3,AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G(ISO AUTO(4500))

 相棒と一緒に出かける用件があるとき。RX-8の町中運転をストレスに感じる自分は、雨が降っていなかったらバイクで出かけたい。解決策です↑

 何もそろっていないところへ一気に買うと、いい額になりますね~

 元日の zumo550散財もあったし、財布から福沢くんがいなくなりました。生活費を込みでだいぶおろしておいたのに。
 歳をとって機能・性能への要求レベルが高くなり、機能・性能の足らない分をカバーする気合いと根性もなくなって、悪条件に耐える体力気力も、もちろん無くて。モノの機能・性能でカバーしようとするから、ついつい「落としどころ」価格があがってしまっていけません。
 学生時代だったら、一顧だにしない価格のものばかりがズラリ。福沢くんが大量失踪するわけですね。(^_^;)

 写真右上から右下にかけて、Araiのオープンフェイス(Sz-RamIII)、後席者用のバッグ付きタンデムグリップ(TANAX MFK-069)、ボディプロテクター(HONDA TH-F94
 左上から左下にかけて、防水透湿シューズ(GOLDWIN GSM1031)、防風フェイスウォーマー(GOLDWIN GSM9657)、冬ジャケット(Alpinestars STELLA SCOUTジャケット)、ジャケットの上に冬グローブ(コミネ GK-701 GORE-TEX WINTER GLOVES GUFO

 膝の防護については自分用に買ったものを流用する予定。脚の防寒は、財布が空になってしまったので次の機会回しとなりました。
 ヘルメットが約 30k、ブーツが約 15k、ジャケットが約 36k、プロテクターが約 20k。これで福沢くんが 10人いなくなります。
 あぁ・・・ お金って寂しがり屋さんなのねん。仲間が少ないところからは早々にいなくなって、仲間がたくさんいるところに集まっていっちゃうんだもの。

 HONDAのボディプロテクターTH-F94 について。

 いちばん小さなサイズ M は、胸板の形状が他と違いました。Mサイズだけは女性用を意図しているのでしょう。他のサイズと違って、胸のふくらみが収まるような形をしています。女性は実質的に Mサイズの一択になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.04

謹賀新年と zumo550

 081230T007 片倉館(上諏訪)
 Nikon D3,AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G

 遅まきながら、新年のご挨拶。今年もよろしくお願いします。

 今年はどうも冴えない正月となっています。
 暮れに体調を崩して回復せずどちらかといえば悪化の一路で、年末も押し詰まってから相棒にうつってしまいました。31日には二人そろって休日診療の医院へ行き、薬を処方してもらってようやく正月入りできそうといった状態。相棒は咽頭炎。自分は肺炎を疑われた処方となりました。
 自分は、医院の正月休みが明けてからもう一度いった方がいいかもしれません。

 そんな正月ですが、ここのところずっとマイブームなバイクの用品をまた一つ、元旦にゲット。タイトルにある Garmin zumo550 です。ライコランドの新年4日間限定日替わり特価品(\70,800-)をつかみました。
 バイク用 GPSについては不導入を含めてあれこれ悩んでいました。しかし、防水性能を持つものが特価で買えるならそうしてしまおうと、思い切って踏み切ることに。バイク用として売られているものの中ではだいぶ高いんですけどね。

 090102G001 Garmin zumo550
 Caplio GX100

 箱に貼られているシールによれば、いいよねっとの直接取扱品ではなく、ワイズギアの取扱品です。
 店頭で確認してもらったところ、添付の City Navigator 日本詳細道路地図は Version 9.00 でした。いまいちよくわからない取り付けマウントについても、いいよねっとの取り扱いでは添付されていなさそうな zumo用 RAMマウント(ハンドルバーベース)一式が添付されていて、別に購入するものが無くて済みそうでした。
 購入後に家で確認してみたところ、インストールされた MapSourceは 6.13.7 で、ナビ本体起動時の表示は Japan Street Base Map 9.00 です。マウントを買う必要はないし、地図のアップデートも考えなくてよさそうだし、だいぶお買い得な機会をつかめたかな♪と思います。

本家とは無関係らしい 081227F001  
Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »