« いい季節 | トップページ | まだ残る課題 »

2008.10.03

『落としどころ』な選択

 081002T003
 Nikon D3,AF-S VR 70-300mm F3.5-5.6G

 出かける足のバイクなんですが、ぼちぼち慣れてきました。

 アンコ盛りをしたこととハンドルを支える支柱を変えたことで運転がだいぶ楽になって、おかげで、30分毎に悲鳴を上げるような休憩をしなくて済むようになりました。
 それでも半身をすっぽりと支える車のシートのようにはいきませんから、お尻が痛くなってくるのは避けようがありません。50分とか1時間おきには休憩を取りたくなってきて、無理をしない趣旨で小刻みに休むようにしています。

 牛久あたりへの往復に使う高速道路では、風圧との戦いを避けて 80km/h巡航でこなしています。メーターバイザーを付けても大きな変化はなく、無いよりはいいけど 100km/h超えでは走りたくない感じ。100km/h弱までなら激しくはないですから、頑張ってもそこまでかなぁ。
 ヘルメットをフルフェイス型にしたら、一段楽になるかもしれません。

 のんびり走っていると、カウルつきの大型に次々と抜かれます。あの速度で走り続けられるくらい風圧が問題にならなくて、力にも余裕があるからなのだろうと推測されます。高速道路はカウルつきの大型が欲しくなりますね。
 とは言え、気軽に乗って出る都内での足として、牛久のあたりで撮影ポイントを探して細いがたがた道に分け入っていく足としてみると、200kg弱の CB400 Super Four でも重すぎると感じています。400でもカウルつきの SUPER BOL D'OR では重さに加えて大きさ『感』も抱いてしまって閉口しそうだと思っているくらいですから、カウルつきの大型では完全に重すぎ&大きすぎでしょう。

 『あちらを立てればこちらが立たず』の典型例ですね。どちらもこなせている CB400SFが、やっぱり『落としどころ』だったと感じます。

080921F010  
Nikon D3,AF-S VR 70-300mm F3.5-5.6G  

|

« いい季節 | トップページ | まだ残る課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/42673088

この記事へのトラックバック一覧です: 『落としどころ』な選択:

« いい季節 | トップページ | まだ残る課題 »