« この夏のイベント(4) | トップページ | この夏のイベント(6) »

2008.09.01

この夏のイベント(5)

 080830F008
 Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR

 あれこれ調べまくって考え込んで、あれこれ動いてまた考え込んで、一月にわたってどたばたしてきたプロジェクト「バイクが欲しい」の結末。ようやくバイク導入の運びとなりました。

 車種は HONDA CB400 Super Four ABS
 購入場所は、その気になれば歩いていける近くのバイク屋さん
 オプションとしてつけたもの、

 ・HONDA グリップヒーター
 ・HONDA エンジンガード
 ・HONDA メインスタンド
 ・デイトナ GIVIフィッティング スペシャルキャリア
 ・Kappaトップケース K42 (無塗装ブラック)

 おおどころはこんなもの。現在は、プロテクション入り衣類等のサイズをめぐってどたばたしているところです。

 2日間にわたって都内を 75kmほど走った印象。都内では、実に小気味よく、かつ安定して走ります。ねらい通りに、スニーカー的に使える万能マシンといった印象。それもだいぶ俊足。非常に高い完成度を誇ると言われることが理解できるように思いました。
 格納場所で感じる重さも、そう構えなくても出し入れする気になるぎりぎりの範囲に収まっていました。買い物やちょっとした外出に活躍してくれそうです。そして予想通りに、家から半径 15kmくらいなら常用で、半径 25km圏でもたまのことなら出かける気になる印象。もちろん、首都高速も全然問題なさそう。
 これで当初のねらい通りに、週末の外出が増えてくれるといいのですが。

 ただ、半径 50kmとか 100km圏への遠征となると、少し役者不足な感はあると思いました。

 たった 400ccの高回転型エンジン。VTEC機構採用といっても低回転トルクはそれなりに薄く、車のようにシフトをさぼって平気で走るというわけにはいきません。速度の変動があると頻繁にシフトチェンジをする必要があります。また、エンジンや車種の性格にふさわしいギア比を採っていると感じまして、車に慣れた身には 6速 60km/hの巡航でも高いトーンで回っているように感じてしまいます。
 そして、足つき性を追求してシート高を低く抑えてあるため、ぽてちは足がキツい。サポーターで装着するタイプの膝プロテクションをつけていると、だいぶ辛いことになります。(^^;) もし頻繁に長距離・長時間をこなすなら、ゲルザブを複数枚重ねてみるとか、アンコ盛りを行うとか、何らかの手を採らないとなりません。そして、ハンドルも少し上げる必要がありそうです。

 まぁ、長距離性能までを求めると、CB750なり CB1300 Super Fourになるのでしょうね。
 ねらいは都内および近郊でのスニーカーですから、不足と感じているわけではありません。

|

« この夏のイベント(4) | トップページ | この夏のイベント(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/42347670

この記事へのトラックバック一覧です: この夏のイベント(5):

« この夏のイベント(4) | トップページ | この夏のイベント(6) »