« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.29

Thin Client

 080429F003b Nikon D40

 先日試してみた Windows XP への RDP接続が予想外に快適だったため、ThinkPad s30 2639-RRJを Thin Clientとして使ってみることにしました。

 パソコンハウス東映で買ってきた I・O DATA WN-WAG/CBをインストール。無線の規格は 802.11aです。(11aが使えて \1,980-は順当な価格でしょう) バッテリ駆動時は CPUを最低速(すなわち 300MHz)で動かし、WN-WAG/CBのドライバ設定にある PowerSaveも Muximumです。リモートデスクトップ接続の「エクスペリエンス」はすべてチェックアウト。まずまず快適な Thin Clientができあがりました。

 無線LANカードを買ってきたのは、やはり名品 ThinkPad s30を活用したかったから。小型な mobileノートであるにも関わらず、キーボードの作りが秀逸で、タイプしていてとても気持ちがよい。歴史的な傑作です。
 しかし、超低電圧版 Pentium III 600MHz CPUも VGAチップも7年も前の割り切り仕様だし、メモリが最大でも 256MBしか積めないこと、HDD接続が UltraDMA33であること、USB 1.1であること、64bit WEPの 802.11bネットワークであることなどから、OSが Windows XP Homeであっても全体的にパフォーマンス不足を感じさせます。

 もともとは相棒の家庭内用でした。小ささとキータッチの良さが気に入って長く使ってきましたが、webサイトがどこもリッチコンテンツ化してきて、不足を言わない相棒がパフォーマンス不足をこぼすようになっていました。
 それでも、クリックボタンのゴムが切れてキーボードを換えているし、バッテリがヘタって換えているし、そこそこ投資してきている分だけ余計に長く使いたかったらしいです。しかし、自分の寝床 Top機だった ThinkPad T42が水びたしから自然復活してきたとき、それが動くなら自分が使うと言って乗り換えてしまいました。

 そんな推移でオブジェと化していた ThinkPad s30を再活用したいということで RDPをと思い立ったわけなんですが、64bit WEPの 802.11bが壁になりました。うちは 802.11aを 128bit WPA-PSK AESで使っていますから。無線をあきらめて、かつて使っていた 100BASE-T Half Duplex PCMCIAカードを使ってみました。これなら RDPに不足ない転送をしてくれますが、当然のことながら、使用位置が固定されてしまいます。これまた当然のことながら、どうも使い勝手が悪いんですね。
 やっぱり無線 LANにすべきだ。ということで、\1,980-でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おちゃめな XP ServicePack 3 RC

 夜中に目が覚めてしまって、ふと思い立つ。VISTAテスト機に XPが動くままにしてある前の HDDを繋げ換えて、29日を待たずに ServicePack 3 RC を入れてみよう。

 インストール作業は順当に推移し、再起動。

 ブルー画面になって STOP: c0000139 Unknown Hard Error
 再起動を何度かけても STOP: c0000139 Unknown Hard Error
 GVAカードを換えてみても STOP: c0000139 Unknown Hard Error
 メモリを減らしてみても STOP: c0000139 Unknown Hard Error

 Googleで検索してみたら、なんと、たくさん発生している障害のようです。
 検索結果をもとにアンインストールしました。(人柱の皆々様、ありがとうm(__)m)
 回復コンソールなんて始めて使いました。


 なお、検索結果をもとに行ったアンインストール作業だけでは障害が発生しました。

 うちのテスト機だけに発生するのかもしれませんが、アンインストール作業の後にサービスの「Windows Installer」がコケます。それ故、Nikon Transfer や Capture NX のアップデート インストールがコケました。
 対策は、C:\Windows\$Ntservicepackuninstall$\spuninst\spuninst.exe をダブルクリックで実行すること。なにやら再びアンインストール作業が実行されて、終了して再起動した後には Nikon Transfer も Capture NX も無事にアップデートできました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.27

三崎卸売市場

 080426T006b 三崎卸売市場 Nikon D3 AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G

 土曜日に、神奈川県三浦市三崎の卸売市場を見学してきました。

 前の晩に寝るのが遅くなって、だいぶ睡眠不足で Go! 行きの電車でもよく寝たし、帰りの寄り道に予定していた横須賀の猿島散策をパスして、帰りの車中でもよく眠りました。「ねぇ、やけくそになってるでしょ」と言いたくなるような飛ばしっぷりを見せる快速特急が一番飛ばす横浜-川崎間を堪能しそこねたのが残念です。
 品川から三崎口まで、もちろん京浜急行。三崎口から三崎港までは路線バスです。品川で買った京浜急行の1DAYフリーパスを使うと、単純往復でバス代分が浮きます。

 三崎の卸売市場は三崎港バス停から徒歩5分といったところでしょうか。暑くなく寒くない陽気の中を、ぷらぷらと向かいました。窓口に声をかけて見学の旨を伝えると、受付簿の記入を促されます。親切な案内を受けて、見学ブースに向かいます。見学のブースから、さっそく写真を撮り始める。
 しばらくしてから、初老のおじさまに声をかけられました。
 市場にかけられているマグロの善し悪しの見分け方や今なにをやっているところかなんて話から始まって、市場建設の補助金比率や道路建設補助金の出所、7つの海の全域に及ぶ漁場開拓の話まで、長い時間にわたって多岐におよぶ内容を聞かせてもらいました。元漁労長と言っていましたけど、どうも今は市場運営に関わるお偉いさんのようです。でかいカメラを振り回してたから、最初は取材と思われたのかもしれません。

 その卸売市場のこと。三崎の市場は入札方式であるため、賑やかなかけ声が飛び交うわけではありません。遠洋物のメバチマグロが中心であるため、目が飛び出るような超高額品が動く様を見られるわけでもありません。
 しかし、100kg近いマグロが並ぶ様を見ていると壮観で、淡々と事が運ぶ様子はみな手際がよくて気持ちがよい。全体に清潔で衛生的であることも感じられ、その場にいて不快に思うこともありません。プロの仕事を感じられる場でした。平日で1日450本ほどが売買されるそうです。
                                          080426T012b
 そして、卸売市場見学の後は観光用小売り市場を物色です。

 庶民に手が出る遠洋物のマグロはどこで買ってもお買い得度に大きな違いはなく、安いものは安いなりの味で、美味しいものは値段が張ってくるもの。かつて清水の観光市場へ訪れたときの体験からも、そう思っています。しかし、相棒が曰く、普通は目にできない部位を売っていること、交通費と荷物を観光のついでだと割り切れば少しお買い得度が高いことから、物色する価値はあったそうな。また、三崎は清水より価格を軸にした品揃えがよかったそうです。安いものからそこそこ高いものまで、選ぶ気になれば選べたそうで。

 080426F014b Nikon D40 AF-S VR 70-300mm F4.5-5.6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.24

Centrino Atomプラットフォームの夢

 080302071D3b 館山駅付近 Nikon D3 AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G

 Centrino Atomプラットフォームが発表されて、興味を引かれるものがそのうち出てくるだろうと思っていたら、さっそく出てきました。

 WILLCOM D4 ここまで小さくて性能が高いものは、やはり日本のメーカーですね。Sharpの開発だそうです。

 これが 32GBの SSDで、電池持ち時間が無線系 ONで2時間半超え、OFFなら4時間超、それぞれ5時間超と8時間のオプション大バッテリがあって、OSが Windows XP で、3.6Mbpsの約6000円定額接続を使えるものが emobileあたりから出てきたら。。。
 15万円超えでも逝ってしまいそう。1024×768画面なら 20万円超えでも逝く!かも

                                      080323DT065b

 そこまでの仕様が満たされたりすると、EM ONE(mobile情報端末)の代替えでなく Let'snote CF-R3E(mobile note PC)の代替え機となりますね。一回線の契約でも SIMを差し替えることで EM ONEを使えるなら、迷うことなしに突撃してしまうはずです。

 CASSIOPEIA、モバイルギア、Jornada等の QWERTY配列キーボードを備えた Win CE端末が次々と出てきて、モバイルの夢をかき立てられた時代がありました。コアとなる Centrino Atomが出たことで、3.6Mbps常時接続が付け加わって再びやってくることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.04.19

HGST 2.5inch

 080302030D40b 館山港 Nikon D40,AF-S VR 70-300mm F4.5-5.6G

 もう2ヶ月も前のことになりますが、File Serverくん(ThinkPad R40)のデータ保存用ドライブ HDDをメンテ交換しました。
 年に一度か1年半に一度の定例作業です。容量も 120GBから 160GBへ。セカンド HDDアダプタを使ってウルトラベイ2000へ装着するため、2.5inch HDDです。P-ATA 160GBの HTS541616J9AT00

 投げ売りベアボーンと Vine Linux 4.2で作った2nd File Serverのストレージ HDDも同時に容量アップしました。カメラ遊びが進行して写真ファイルのたまり方がいいペースになってきているので、容量不足を感じる前に先手を打っておく趣旨です。
 ベアボーンのケースは 3.5inchが前提だけど、消費電力と発熱を抑えるため、システム HDDもストレージ HDDもアダプタをかませて 2.5inchを使っています。(2台で 10W以上の低減になる) 今回は、2.5inchの中では大容量となる 250GBを載せたかったので、冒険も含めて S-ATAの選定となりました。S-ATA 250GBの HTS542525K9SA00

 ちなみに、ここ何年か HDDは IBMか Hitachiしか買っていません。時代の最ハイエンド品を求めず、ちょっと割高なことも覚悟して信頼性を重視しているためです。だから今回も Hitachi。


 Vine機はまだ試用段階だったため、本格利用に移行するつもりでクリーン インストールを実行しました。Vine4のインストール CDで問題なく S-ATAドライブを認識し、インストール作業は面倒なくすべて順調に終了。
 面倒が無かったと言っても、設定を一からやり直すことにはなりました。しかし、一部の設定ファイルを保存しておいたため、3日ほどで File Serverの運用までこぎ着けることができました。素人の試用だったため、たいしたことをしていないのが幸いしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.18

電車の旅

 080302017D3b 内房線各駅停車 Nikon D3

 気温が徐々に温んでくるようになってから、カメラ遊びと気分転換を兼ねて何度か外歩きに出てみました。天気はいずれもお出かけ日より。

 3月2日に千葉の館山へ鈍行電車の旅。
 3月23日と24日に都電荒川線の撮影。
 4月5日に藤沢・江の島から鎌倉にかけて、江ノ電を使って散策撮影。

 今までどこへ行くのも車ばかりだった自分が珍しく鉄道を利用して遠く出かけるのは、いい気分転換になりました。
                                     Nikon D3 080302064D3b

 電車・バスでの移動は重い機材を運び歩く面倒があるものの、目的地までの道中をいつもと違った視点から見ること、楽しむことができます。
 ちょっと飲み物を。そんなとき、駅の喫茶コーナーで一服。これが新鮮です。おなかが空いてくる時間になれば、歩いていてたまたま目に入ったよさ気なお店に飛び込む。駐車場を気にする必要がありません。すなわち、お店を事前に選定しておく必要がなく、目に入る多くの店の中から気分で好きに選べます。
 何よりも素晴らしいのは、帰路、移動しながら眠れることです。通勤電車タイプのベンチシートにちんまりと座ってウトウトするのもよし。グリーン車を奢ってゆったりと眠りに落ちるのもよし。目が覚めたら東京駅です。帰路に眠ることができれば、疲れを翌日に引きずる率が低くなってくれます。

 080405T001b 東海道線 Nikon D3 AF-S VR 24-120mm/F3.5-5.6G

 カメラ遊び的に重要な点として、目的地とする場所や撮影するポイントが、ともに車で訪れたときの「点」から「面や線」になってくれることです。移動中たまたま目に入って撮ってみようと思い立つ機会が増えました。

 晴れた日に電車やバスでの散策&カメラ遊び、味を占めました。暑くて億劫になるまでの間に、さらに何回かやってみようと考えています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.04.17

BUFFALO BKBC-J91SBK

 080315DF011b Caplio GX100

 写真のキーボードは買い置きです。

 気に入って2年ちょっと使ってきた BUFFALO BKBC-J91SBK を2つ買いました。Tsukumoのネットショップで代引き手数料込み \7,852-(2つ分)

 買い増しです。今までも、3つもありました。メインのデスクトップ機で使い倒してきた1つ。予備として Linux機や VISTAテスト機でたまに使ってきた1つ。仕事で使い倒している1つの、合計3つです。

 デスクトップ機で使い倒してきた一号が、スペースキー端の反応が少し悪くなってきました。そこで予備の二号を Linux機からデスクトップ機に移し、Linux機用に新しく補充しようとアキバで探すことに。
 アキバで探す。探す。探す。。。が、見つからない。

 BUFFALO BKBC-J91SBKはたいへん使いやすいく優れたキーボードだと、自分は思います。サイズよし軽くハッキリとしたクリック感があってタッチよしストローク浅くてよし打鍵時の剛性感よし
 しかし、世間的には認知度が低く、売れ行き低調で断絶したのだろうと考えました。

 仕方ないので、もっと小型でもっと安いキーボードをひとつ買い、Linux機に投入しました。しかし、キー配列に指が馴染みません。(^^; タッチもくにゃくにゃしていて気に入らない。(^^;;;
 あきらめきれなくなって BKBC-J91SBKについて Webを検索してみると、メーカーのサイトにまだ存在するではないですか。取り扱いが BUFFALOブランドから バッファローコクヨサプライへと変更されていて、型番に「-A」が増えています。
 続けて数店のネットショップを調べたら、Tsukumoが取り寄せで扱っていました。

 公私ともに文書打ちが多い人間は、使いやすくて気に入って手に馴染ませたキーボードの有無が作業効率に大きな影響力を持つと考えています。取り寄せでも存在ならこれは買い!だと考えました。
 妥協して購入したもので戸惑いが大きかったことから、仕事で使い倒している三号がおかしくなったときも困るだろうと考えて、仕事用の予備となる五号も買い置きしておくことにしました。Realforceのような定番品ではないから、あるうちに買っておかなきゃ!と。Realforceの1/4以下程度の値段だしぃ~。

 現在、Linux機は妥協で購入したものをつけてあります。Linux機は File Serverとして動いているため、あまり触らないからそれで妥協しておきます。反応がおかしくなってきた一号をVISTAテスト機に回しました。
 すなわち、四号も五号も純粋に買い置きとなってオモチャ箱に鎮座ましましています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS 5D後継機

 080315DF011b 上野駅 Nikon D40 AF-S DX 18-55mm/F3.5-5.6 VR

 昨年の4月にキヤノンの一眼レフ事業の指揮を執ることになった打土井正憲氏のインタビューだそうです。
 http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/04/17/8302.html

>(Impress Watch)
>──昨年4月に就任後、すぐにフルサイズ機の後継機種に着手することを指示した
>というお話でした。最近は企画着手から製品が登場するまで、だいたい1年半ほどの
>時間がかかっていますから、今年もっとも大きなイベントである Photokinaには、
>5D後継機種が発表となってもおかしくはないですね。
>
>(打土井氏)
> フルサイズ機に対する期待の大きさはこちらにも伝わっているので、
>可能な限り良い製品に仕上げます。楽しみにしておいてください。
>画質に関しても、付加価値に関しても、大きく進歩したものになるでしょう。

 なるほど。Photokinaで EOS 5D後継機が発表されますか♪

 EOSだと直接は関係ないけど、フルサイズ素子機の登場は楽しみです。EOS 5D後継機登場のしばらく後に Nikonからも廉価版の FX機という話がでてくる可能性が高くなることでしょうし。
 画素数、階調の豊かさや色表現、デジタル一眼レフはどちらも一般的な Windows機環境の表現力を超えるところに来ていると思います。EOS 5D後継機がどちらの方向に進むのか、今後のデジタル一眼レフの動向を占う意味でも気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.12

意外な原因

 080316DF049 小名浜港 Nikon D40 AF-S DX 18-55mm/F3.5-5.6 VR

 2nd File Serverにしている Vine Linux 4 機へ TeraTerm Pro による ssh接続ができなくなっていました。先週の半ばに何気なく apt-get upgrade をしてからのことです。

 だいぶ苦労をして復旧。原因は ~/.ssh フォルダのパーミッションが緩かったこと

 ネットを検索してたまたまヒントとなる blogを発見できてよかったです。きつくてだめになることは考えても、緩くてだめになるとは思いませんでした。いや~ Linuxは難しい

 ちなみに、~/.ssh フォルダにグループの書き込みを許可してると ssh接続をできず、グループは読み取りだけに制限したら接続できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RDP

 080316DF032 小名浜港 Nikon D40 AF-S DX 18-55mm/F3.5-5.6 VR

 使っている人があまり多くないのではないかと思われる Windows XP Professional のリモートデスクトップ機能について。
 XP ProfessionalのノートPCから、XP Professionalのメイン機デスクトップへ接続。かつてから Windows 2000 Serverではたまに動かしてきた機能なので、とまどうこともなくあっさりと接続。ここまで、感動も何もありません。

 ちなみに、画面の解像度が違うため、デスクトップでいつも使っているユーザーと違うユーザーを作成してから新しいユーザー名でログインします。そうしないと、常用ユーザーでローカル ログインしたとき、アイコンの配置等が変わってしまっていて面倒です。
 新しいユーザーでも一度ロカール ログインして、常用している AltImeを使うように設定。ノートPC側のリモート接続の設定は、16色でオプションはすべてチェックオフ。転送されてくるデータ量を極力少なくしながらもローカルの HDDを極力動かさない目的で、そのような設定にしました。

 う~ん・・・ 速い。

 低電圧 2.5inch HDD で動く Let'snote R3E の反応速度より、一枚二枚うわ手です。802.11aネットワーク越しの表示で遅くなる分を、3.5inch HDD と Dual Core 2600MHz CPUのパワーが補ってなお若干でも上回っているようです。
 100BASE-T 越しに ThinkPad s30(超低電圧版 Pentium III 600MHz CPU と Ultra DMA33)を接続させて使ったときにも同様の速度で使えます。こちらは ThinkPad s30をローカルで使ったときより確実に速い反応速度で使えます。

 しかし、あまり意味のある行為ではありません。
 音を鳴らせずにいますし、動画の類はやっぱりスムーズではありませんから。ノートPC単体より速く感じるといっても、Let'snote R3-E も十分に速いですから、わざわざリモートデスクトップを使う必要はありません。寝室からデスクトップのメンテナンスを行うことができて便利。といった程度でしょうか。
 ThinkPad s30は無線だと 64bit WEPの 802.11bになってしまい、さすがに常用はしたくない。

 たぶん常用することはないと思いつつも、発見はありました。

 ローカルの HDDが停止したままになる時間が長く、停止したままだと快適だということ。
 SSD導入の価値を予感させてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.04

大安売り

 Akiba PC Hotlineによると、玄人志向の RH2600PRO-E256HW/HS と RX1650PRO-E256HW が石丸電気で処分特価 3,990円。
 「処分」との言葉が使われていることからも、モデル末期なのでしょうか。

 発熱が大きいハイパフォーマンスのグラフィックカードに興味がないので動向を知らずにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.01

結局、うるさいのは好きじゃないから

 080316DF025b 五浦 Nikon D40 AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR

 Catalyst 8.1 HotFixを発見。その後に 8.3 HotFixを発見して、あててみました。AGP版に関わる HotFixのようです。

 Cool'n Quietを Enableにするとトラブルが発生することに変わりなしですが、Disableならば障害が発生にくくなりました。一歩前進ですね。(笑)

 ちなみに、Ultra V-Linkの設定を定格に戻しても状況が変わりません。変わらないならば定格で運用します。
 死蔵している 350W電源と ainexの「ATX電源検証ボード」を用いてグラフィックカードの外部電源端子に別系統から 12V給電してみる試みを行っても、これもこれといった変化は無いように感じます。しかし、単独で給電していると何かの拍子にブラックアウトすることがあって、追加給電していると発生しにくいような気もする。変化があるような無いような・・・

 ということで、Cool'n Quietを使わなければだいたい安定して VISTAを利用できるところまできました。

 しかしまぁ・・・ VISTAは要求スペックが高いですね。
 そして、ファン付きのグラフィック カードはやっぱりファンがうるさい。机の上にむき出しで置いている自分が悪いんですけどね。
 うるささを押してでも使ってみたくなるような新しい機能を VISTAに発見できず、けっきょく電源を入れなくなってしまいました。

 ハイパフォーマンスでも低消費電力で静かな GPUの登場と VISTA SP2 または Windows7 の登場を待って、それから移行を考えることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »