« 電車の旅 | トップページ | Centrino Atomプラットフォームの夢 »

2008.04.19

HGST 2.5inch

 080302030D40b 館山港 Nikon D40,AF-S VR 70-300mm F4.5-5.6G

 もう2ヶ月も前のことになりますが、File Serverくん(ThinkPad R40)のデータ保存用ドライブ HDDをメンテ交換しました。
 年に一度か1年半に一度の定例作業です。容量も 120GBから 160GBへ。セカンド HDDアダプタを使ってウルトラベイ2000へ装着するため、2.5inch HDDです。P-ATA 160GBの HTS541616J9AT00

 投げ売りベアボーンと Vine Linux 4.2で作った2nd File Serverのストレージ HDDも同時に容量アップしました。カメラ遊びが進行して写真ファイルのたまり方がいいペースになってきているので、容量不足を感じる前に先手を打っておく趣旨です。
 ベアボーンのケースは 3.5inchが前提だけど、消費電力と発熱を抑えるため、システム HDDもストレージ HDDもアダプタをかませて 2.5inchを使っています。(2台で 10W以上の低減になる) 今回は、2.5inchの中では大容量となる 250GBを載せたかったので、冒険も含めて S-ATAの選定となりました。S-ATA 250GBの HTS542525K9SA00

 ちなみに、ここ何年か HDDは IBMか Hitachiしか買っていません。時代の最ハイエンド品を求めず、ちょっと割高なことも覚悟して信頼性を重視しているためです。だから今回も Hitachi。


 Vine機はまだ試用段階だったため、本格利用に移行するつもりでクリーン インストールを実行しました。Vine4のインストール CDで問題なく S-ATAドライブを認識し、インストール作業は面倒なくすべて順調に終了。
 面倒が無かったと言っても、設定を一からやり直すことにはなりました。しかし、一部の設定ファイルを保存しておいたため、3日ほどで File Serverの運用までこぎ着けることができました。素人の試用だったため、たいしたことをしていないのが幸いしています。

|

« 電車の旅 | トップページ | Centrino Atomプラットフォームの夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HGST 2.5inch:

« 電車の旅 | トップページ | Centrino Atomプラットフォームの夢 »