« みんな激安じゃないですか | トップページ | 慣れないことは大変だねぇ »

2007.10.01

TV希薄な生活

 070923030bk Pentax K10D (東京駅丸の内口地下)

 我が家では TVの存在感がたいへん希薄です。

 TV番組を流すとしたら、食事のとき BGM代わりニュースか TV東京の「いい旅ゆめ気分」のような紀行ものを流しておくくらいです。
 番組を注視することは、ほとんどありません。注視することがあるのは、大きな事件や災害の報道くらい。あとは、ごく希に、年に1度か2度くらい映像コンテンツ(DVD)を見るときくらいかな。

 そんな状況だから TV受像器も古いまま。88年製のシールが貼られた 20inchブラウン管型が1台。購入はたしか 89年の春でした。
 もちろん BSも CSも無縁。地上波デジタルは、アナログ地上派が停波してから対応を考える予定だったりします。(もしかしたら放置するかもしれません)

 じつは他に見られる機械があって、PCでアナログ地上派の受信と録画が可能です。E-MOBILEの em oneでは、地上派デジタルのワンセグメント放送を受信可能です。しかし、PCでは F1 GPをたまに録画して希に見るだけ。em oneの機能は「付いているだけ」状態。

 そんな生活をおくっていると「なるほどなぁ」と思える部分のあるコラムに出会いました。
 ・我が家はつけっぱなしではないが、TVはチラ見しながら情報をすくい取る存在
 ・TV希薄な生活の中では時間の切れ目が少なく、タスクが夜に向かって押していく
 ・大型テレビを買わずにワンセグで十分

 読んで自己理解が進んだのは、今の自分が何を TVに求めているかということ。とは、コラムの用語にある「同期的」でなければならないもの。上記した、事件や災害のリアルタイム報道が、それにあたります。
 これは、現在のネットでは対応しきれないことで、TVならではのメリットです。(娯楽やスポーツは、自分の場合、非同期で十分です。もともと TVが提供する娯楽番組やスポーツで興味を惹かれるものがほとんどありません)

 TVと同様に、新聞にも価値を感じず、購読をしていません。雑誌も同様ですが、雑誌の場合はネットで対応しきれないものを求めて、社会誌や経済誌の冊子を買うことがあります。
 雑誌の扱いが新聞と異なる理由は簡単です。時間と手間をかけて練り上げた記事があるから。すくい取りで十分な程度の情報でなく、「知」の成果を得る読み応えが時にあるように感じます。

 TV、新聞、雑誌で得ていたものの多くをネットで得るようになりました。
 現時点では、TVと雑誌は「ならでは」のものがわずかにあるため、端役ではあっても我が生活舞台に残っている印象。

 そして我が家の課題「時間の切れ目」が無いことへの対応を考えなければなりません。
 アナログ地上派停波への対応は、PDAのオマケ機能なワンセグメントで十分かも。

|

« みんな激安じゃないですか | トップページ | 慣れないことは大変だねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/16632454

この記事へのトラックバック一覧です: TV希薄な生活:

« みんな激安じゃないですか | トップページ | 慣れないことは大変だねぇ »