« 街角撮り一眼カメラへの道3 | トップページ | 街角撮り一眼カメラへの道5 »

2007.07.05

街角撮り一眼カメラへの道4

07061808b Caplio GX100

 ぐだぐだと書き綴った長文をここまで読んだ方は、候補が二機種にしぼられたこと、お気づきだと思います。

 PENTAX K100DK10Dが浮上してきました。
 どちらも手ぶれ補正機能を本体側に搭載しています。

 ならば、レンズ側の手ぶれ補正は不要で、社外の 17-70mm F2.8-4.5に適合マウントもある。このレンズ、画角は求めるピンポイント。やや重いものの、開放 F値も重さも理があります。評判も悪くはなさそうです。

絵は?
 設計のスタンスが好みに近いのか、どちらも第一印象よし、でした。
 K100Dは稠密な印象で好ましい。だけど、よく見て回ると彩度の高い赤と青が暴れすぎに感じます。
 K10Dは精細な印象で、設定次第では好みの範囲に持ち込めそうだと感じる。

重さは?
 K100Dは趣旨を直撃!。これぞ!!といった軽さ・小ささです。
 K10Dはさすがに重い。しかし、AF-S Zoom VR ED 24-120mmよりレンズが軽くなる分だけ、現在より少し軽くなります。『繋ぎ』も務めさせる気なら許容範囲だと思えます。

その他は?
 K100Dの高感度とエネループ利用可能がたいへん好ましい。
 K10Dは、より効果を高めたと謳う手ぶれ補正に期待させる。
 シャッターレリーズ・ラグはどちらも感心できるものではありません。音質も切れ味もいま一歩です。が、K10Dがより良さげに感じるのは当然といったところでしょうか。シャッターによる振動は、まずまずこんなものか、といったところ。

 あれこれと考えた末に、第一の「絵は?」が決め手となって、K10Dが標的となりました。

|

« 街角撮り一眼カメラへの道3 | トップページ | 街角撮り一眼カメラへの道5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/15658386

この記事へのトラックバック一覧です: 街角撮り一眼カメラへの道4:

« 街角撮り一眼カメラへの道3 | トップページ | 街角撮り一眼カメラへの道5 »