« Lenovoからオモチャ届く | トップページ | 自作 Linux Box遊び9(sambaゴミ箱編) »

2007.03.17

自作 Linux Box遊び8(HDD停止に失敗編)

 日時、順、不同のメモ書きのような記録です。

 HDDアクセス・ランプ明滅案件に取り組みながら、使わないときには HDDを停止しておきたいものだと考える。自然な流れでしょう。アクセス・ランプ明滅を止めることができてから、取り組んでみました。

 6年前に Vineをいじったときの記憶では、HDDの回転を止める命令があったはず。
 ネットを調べて hdparmだと知る。そうだ、これだ。

# hdparm -y /dev/hda

 いったんは止まるんですけどね。1,2秒で動き出しちゃいます。

# hdparm -S 12 /dev/hda

を設定しても同じです。時間がきて止まった後、30秒くらいで動き出しちゃいます。

 どうやらこれも「お約束の道」らしいです。
 だいぶ検索しましたが、解決することができずにいます。

/proc/sys/vm にある dirty_expire_centisecs を

# echo **** > dirty_expire_centisecs

dirty_writeback_centisecs を

# echo **** > dirty_writeback_centisecs

とやって書き換える。
 emacsで開いて書き換えようとしても受け付けず、echoを使うことになりました。echoで書き換えられると気づくまで、これまただいぶ時間がかかっています。

 続いて /etc/fstab の中を

LABEL=/1 / ext3 defaults 1 1
から
LABEL=/1 / ext3 commit=****,noatime 1 1
と書き換える。

 ここまでやると、1,2分は HDD停止状態がもちます。

 nmbdと syslogdを止めるのは、ちょい不便しそうな気がするのでやっていません。
 試しに止めてみると、2,3分はもつように変化しました。

 これだ!という情報に偶然巡り会うことがあれば意図を実現できるでしょうが、たぶん、ずっと実現できないと考えています。

|

« Lenovoからオモチャ届く | トップページ | 自作 Linux Box遊び9(sambaゴミ箱編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/14289280

この記事へのトラックバック一覧です: 自作 Linux Box遊び8(HDD停止に失敗編):

« Lenovoからオモチャ届く | トップページ | 自作 Linux Box遊び9(sambaゴミ箱編) »