« 自作 Linux Box遊び3 | トップページ | 自作 Linux Box遊び5(SSH Terminal編) »

2007.03.06

自作 Linux Box遊び4

 いよいよ OSのインストールです。

 Linuxのディストリビューションを Vine 4.1に決めました。Vineは 99年に触っていて、馴染みがあるような錯覚を持てますから。

 ふと、Windowsとのデュアルブートにしようと考える。ハードウェアの通常動作を確認するためにも、使い慣れている Windowsからが気楽。Linuxをうまく動作させられなくても、Windowsデスクトップとしてとりあえず使えて予備機扱いができます。Linuxを安定動作させれられるようになったら削除して、ドライブとしてマウントして使えばいい。そう考えました。

 Windowsのインストール→ SPあて→ Windows Update終了

 続けて Vine4.1のインストールです。デスクトップ機を用いて、Vine4.1を置いてある FTPサイトからインストール・イメージを落としてきて、CD-Rに焼きます。サイズは 600MBちょっと。
 ダウンロードは、過去のブラウス経験からサクサク度が高いと感じていた名古屋大学のサイトを使いました。

 Vineのインストールも問題なく終了し、ちょこちょこといじり始めました。TeraTerm Proを 用いた遠隔からの Terminalログイン&操作、成功。sambaのインストール、なんとか成功。swatのインストール、どうにかこうにか成功。試行錯誤の末、 samba共有成功までたどり着けました。続けて webminのインストールと遠隔からのアクセス、これもなんとか成功。
 いずれも webに転がっているたくさんの情報を活用させてもらいました。いい時代です。

 ここで問題発生。Windowsをブートしてみたら、ブート中に落ちます。

 デュアルブート・インストールのパーティション設定を失敗しているのだろうか? 脳裏をよぎります。
 まず、Windowsをもう一度インストールしてみるつもりになっていますが、ここで「はて?」 MBRと grubをどうやって FDに引きあげて、MBRにどうやって書き戻せばいいのやら??

|

« 自作 Linux Box遊び3 | トップページ | 自作 Linux Box遊び5(SSH Terminal編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/14266117

この記事へのトラックバック一覧です: 自作 Linux Box遊び4:

« 自作 Linux Box遊び3 | トップページ | 自作 Linux Box遊び5(SSH Terminal編) »