« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.08

どういうことだ? IBM(組み立て編)

File Server & Terminal Service 機にしている R40 の CPU 換装を行った話しを、
先日の日記に書きました。

監視ソフトで見ていると、
CPU が常時 58度程度で、ちょっと触ると 60度を超えてファンが「ぶおぉおぉ~~!」
放置していても突然回るときまであります。
鬱陶しかったものですから。
パフォーマンスの問題でなく発熱量を抑えたかったのです。
元の CPU も新しい CPU も共に 130nm プロセスの Northwood コアで、
L2 Cache が 256KB か 512KB かの違いと、SpeedStep 機能 の可否が違います。

換装の結果、1.2GHz で動かしても 58度 59度程度で安定していることは同じでした。
ただ、触ったときに60度を超える頻度が落ちて、ファンが回りにくくなりました。
ヒートシンクに伝わった熱をどう排出するかは筐体の設計に依存するので、
発熱そのものがよほど少なくならない限りは、そう変わるものではないことは納得です。
まぁ、換装のねらいが実現されたと言えます。

それでも思ったのが、
TDP が 2/3減する 1.2GHz でも 58度 59度で安定とはさすが Pentium 4 だべさ、と。
Intel って、やっぱパフォーマンス変質者だよな、と再認識していました。

今日、ふと思い立った。
---------------------------
Celeron を外したとき CPU もヒートシンクも、ほんのちょっとしか汚れていなかった。
グリスをちょん付けしただけらしい。切った貼ったの熱伝導はほんのちょっとでよさそう。
ならばと、ちょん付けグリスの代わりに熱伝導シートを挟んだだけにしたが。。。
加えてグリスをしっかり塗ったらどうなる?
---------------------------

05050801

バラして塗って組み上げてブート。アプリを動かしてみたり Bench を動かしてみたり。
。。。5度も低いじゃないのさ!(^^;)
筐体全体が完全に熱をもった後も、3度~ 4度ほど低く表示されています。
1.2GHz 動作させているとファンがほっとんど回りません。

考えてみれば、
保守マニュアルに「熱シートを新品に交換してくれ」と書いてあったのに、外したとき付いてなかった。グリスもちょん付け程度だった。

ぶぉぶぉファンの責任は Intel だけでなく、IBM の組み立て工程にもあったようです。
もっとも、
責任の大半は「『Mobile』の名を冠して TDP 20.8W ってのはいかがなものか?」という
ところにあると思いますが。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

UI の良さが有名な ThinkPad なのに。。。

050507010505070205050703




クリックボタン内のゴムが切れて、1枚目の状況になってしまいました。
写真は相棒用 ThinkPad s30 のキーボードアッセンブリです。

クリックボタンを外すと中に入っている小さなゴムが切れて、このような状態に陥ります
完全に切れて外側と中側に分断されてしまった左側ゴムは捨ててしまいました。
写真2枚目3枚目は切れていない右側のゴム写真です。

使用開始から3年弱1日に30分から1時間いじるくらいの使用状況
ゴムが切れたと見ずキーボードが壊れたと受け止めると、ちょっと眉間にしわがよります
「その程度で壊れてしまうなんて、おぃおぃ」と。
ゴム単体ではパーツ提供されず、キーボードアッセンブリでしか入手できませんから

そのキーボードアッセンブリは IBM 部品センターで \28,000- くらいの値段を言われました。
おぃっ!。3年弱で重要な UI が壊れて \28,000- かぃ!。(^_^;)
秋葉原で探して、\18,000- くらいにて入手&交換しました。
スピーカーを組み付けてあるパームレスト部も込みだから高くなるのはわかるんですけどね。
それでも \28,000- は高すぎでしょう。3年もたたずに壊れるんだから。


なお、大変なことに、この症状は s30 だけのものではありません
クリックタッチが緩くなってきたら要注意、R40 でも同様の症状が出てしまいました
外して見ると、完全分断には至っていないものの、半分くらい切れています。
R40 は1年11ヶ月ほどの使用です。
s30 よりは使用頻度が高いものの、家にいる時間が短いし、それほど叩いていません。
まして Server として使っているだけに、触るのは他のマシンが圧倒的に多い状況です。

う~~~ん。。。 IBM よ。。。 それでいいんか?(^_^;)

Lenovo になることで ThinkPad 品質が落ちるんじゃないか?と、世では騒がれているようです。
この状況を鑑みるに、とっくの昔に始まっていたと考えるべきなのかもしれません。
それでも、絶品のキータッチが変わらぬうちは ThinkPad を贔屓にし続けることでしょう。
いい万年筆と同じ。手が味を覚えちゃうと手放せなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »