2018.08.18

寝て暮らした 2 日間


 夏休みの初日はスナップ写真撮影講座と、晩に大学の後輩たちとだいたい年に一度の邂逅。



 今年は同期と先輩がみな欠席で、後輩 3 人に混ぜてもらった感じ。



 2 日目、何もせず寝て暮らした一日。



 家に居るなら PC に向かってないで自分を構え。



 そんな風情。(笑)


 3 日目、やはり何もせず寝て暮らした一日になりました。

 予定は、晩に宅配便を受け取るだけ。昼間は予定が無く、スナップ写真撮影講座の実習撮影地をロケハンに行く頭もあったのですが。
 暑くてぐずぐずしているうちに、強い雷雨が近づいているとの情報。

 こっちまで来るのかな~? と見ていたら、ドロドロと始まりました。



 そこそこ強い夕立もあった。



 中野や荻窪の方はだいぶ強い雨だったようです。

 夕立で気温が下がるかな?と期待していたら、大いに下がりました。



 ここまでじゃないにしても、ぽてちが子供の頃はよく夕立があって、降ると気温がスッと下がったものです。
 今は滅多になくて、降ってもパラパラ程度が多い。湿度が上がるから無い方がマシ。(笑)
 なのに珍しく気温が下がる夕立でした。


 晩は予定通り宅配便の受け取り。

 まずは ぽてちが挑戦したシシャモ。



 冷凍ですが、本物のシシャモです。食べるときが楽しみ♪



 続いて、相棒が挑戦した桃。新しい品種だとか。



 検品を受けて、問題は無かった様子。



 たまたまその気になってアップデートの有無を確認したら、タブレットに来ていました。



 

 


 スマートフォンは?とチェックすると、やっぱり来ていた。



 ならば!と、迷い無く始めた。



 完了後、めちゃめちゃ調子が悪くなった。(^^;;;


 翌日まであれこれと試行錯誤をして、指紋認証を使わぬようにしたら復活したようです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.13

梨が届いた


 鎌ケ谷へ梨を買いに行って挫折した話し、その後。


 関東を遠く離れた地から梨園に電話をして、帰宅後にファクシミリで注文。今年は買うことができました。

 10 日ほどで届いた箱を開けて、アラ驚いた。



 こうなる運び方を、梨農家がするとは思えないんですよね。すると黒猫??


 黒猫は郵便と並んで信用していたし、よく外に居る。
 この日も、すぐ脇を通ってトランク開けて、ガタガタやっても寝るの続行だった。



 トランクがさごそからリアドアに回ったら、さすがに下りていきました。距離 45 cm というところですから。
 でも、バイクの向こう側で待機



 写真を撮ったら立ち去ったので、いなくなったと思っていたら。家に上がるとき、着いてきていた



 家に入って小窓から見ると、玄関前で三角になって待機。(笑)

 期待してせっかく来たのだからね~と、時間帯無視で うちの子が食べなかった高級缶をだしたらペロリでした。


 梨の話しに戻る。



 ジューシーで果肉パリッと、美味しい♪
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナップ写真撮影講座 3 回目


 実習の回に撮った写真の講評回に行ってきました。


 A4 プリント 3 持参。よいものが無かったら、他の機会に撮ったものでも可。

 とのことで、ろくなものがないと思いつつ。まだマシと思うものを 3 枚と、他の機会に撮ったものを 1 枚の、計 4 枚をネットでプリント注文して。

 Nikon 機だから、Professional Xプリントは利用できず。
 そこまでするような写真でないから、いいんですけど。(笑)


 世は盆休みの入口らしく、山手線車内も新宿駅構内も、大荷物を持った人たちでだいぶ混雑していました。
 なのに西口ロータリー界隈は、台風が近づいていた 2 週前より人が少ない

 うん、帰省と、旅行と、長距離移動する人たちがたくさん動いているんだな。
 んな感想を抱きました。

 ぽてちは東京生まれの東京育ちで、今いるところが田舎。帰省する先が無い
 土産に指定席の確保に荷造りと、大変でしょうけど。ちょっと羨ましい。(笑)


 喫茶店で一服



 建物に入ってしまうと吸えません。一服するために、ちょっと早く家を出ています。



 エルタワー 28 階。



 ニコンプラザが夏期休業に入っていて、フロアが静かなものでした。
 講師と担当の おねーさんは大変ですね。おねーさんは他の日に休めるだろうけど、講師はほぼぶっ通しの可能性がありますね。


 講座の流れは、もろに講評。一人ずつ前に出て、 3 枚を掲示して ねらい等を説明してから講師の講評を受ける。
 正直なところ、面白いものじゃありません。が、勉強になります


 ぽてちは前にここで貼った写真です。

 ちょっと考えて おねーさんが歩いてくる縦写真を予備に回し、少し切ったらスナップ写真風になったと書いたやつを 3 枚のうちに入れました。



 これが一番評価してもらえまして、「ここをこうしたら良くなる」の言葉が出ず、スナップ写真的な要素を(参加者たちに向けて)解説してもらったような講評でした。
 テーマとして今後追っていってもいいのではないか、とも。


 テーマを言葉にしたら「酷暑の東京」となります。
 んなの 追ったら あぢー! っす。(笑)

 撮ったときの意図は「早朝から あぢー!よ。仕事行きたくね~」でした。
 仕事行きたくね~をテーマにする方が良いかも。(火暴)


 実習回で撮った 3 枚は、「こうしたらマシになる」と「ん~」と。(笑)


 講座が終わって新宿駅へ。再び喫茶店に入り、一服
 480 円だったアイスコーヒーが、昼は 540 円でした。

 前回同様、駅弁で駅弁を買うべく、特急ホームにあがって移動。



 閑散としていた前回と異なり、かなりの人波。



 西口を入ってすぐの総武線・山手線のホームを歩くよりマシな人波でしたけど。ちょっと歩きにくいと感じたほどでした。
 帰省や旅行で長距離列車に乗る人たち。人波のほとんどが、そういう風情でした。

 古い 189 特急『あさま』の車輌が運行されるのは珍しいのでしょうか。



 先頭車輌の前方にかなりの人が群がっていました。


 この日撮った写真はすべて X-E3 XF27mm F2.8 です。
 小さくて軽くて、ホームへの階段を登りながらでもバッグから取り出せる。
 手に持つ姿が物々しくない。

 Nikon もスナップシューターを出してくれるといいんですけどね。

 もうすぐ発表される新ミラーレス システムは、フルフレームのセンサーで、大きなレンズマウントだそうです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.10

アウトレット


 アウトレットで 45 % 引き



 詳しいことは後日。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-E3 の印象とか、その後(2)


 X-E3 の操作性悪くないです。

 が、背面 LCD の脇に並ぶ 3 つのボタン配列 X-Pro2 と異なっていて、それが使い勝手を落としています


 X-E3 はだいぶ小さいから、同じに並べられないのは当然なんですけどね。

 「削除」を上に持って行ったのは、まあいい。仕方ない。

 十字キ-と真ん中 MENU / OK ボタンが、小さくしてもやっぱり欲しかったな~

 LCD フリックで十字キ-の機能を賄う、挑戦的な設計だとは思うんだけど。


 撮る
 「再生ボタンで LCD に表示して、露出の確認
 リア コマンドダイヤルを押し込み、拡大表示する
 スティックで上下左右させながら、ピントと手ぶれの確認
 「 MENU / OK 」ボタンで全体表示に戻して再確認
 シャッタ-ボタン半押しで撮影モ-ドに復帰

 確認して失敗のとき、
 「 MENU / OK 」ボタンで全体表示に戻してから「削除」ボタン
 続けて「 MENU / OK 」ボタンで削除の確定
 シャッタ-ボタン半押しで撮影モ-ドに復帰


 この流れは X-Pro2 でも X-E3 でも同じにやっているんですけど。



 上は Pro2 ↑ で、下は E3 ↓ 。画像は FUJIFILM のサイトから。



 指の動きがだいぶ異なって併用時に混乱します。


 X-E3 単機持ち出しのときは、混乱するのは始めのうちで、そのうち指が慣れてくるんですけどね。
 併用だと混乱がいつまでも続いてしまいます。

 十字キ-と真ん中「 MENU / OK 」ボタンが、小さくても欲しかったな~。

 それが物理的にできないならせめて配列を。一番上を「再生」、真ん中を「 MENU / OK 」に、一番下を「 DISP / BACK 」にして欲しかったな~。



 上位機と中位機であれこれ異なっている Nikon 他の常識を、完全に打ち破ってほしかった。

 絵作りやメニュー構成がほぼ同じなのに、 3 ボタンの配列は画竜点睛を欠く


 Fn ボタンのカスタマイズは、ほぼ行っていません

 X-Pro2 で FUJIFILM のデフォルトに慣れることを考えて、あまり変えずにいたから、 X-E3 も変える必要があまりない。
 「 AF-L 」ボタンの動作が異なっていて、同じにできない不満はあったりする。



 できる範囲で X-Pro2 に近づけるため、フリック動作の割り当て変更は行いました。

 右フリックを ISO 変更に。下フリックをホワイトバランスに。これで X-Pro2 の十字キーに近づきます。
 上フリックを DRIVE 変更に変えればもっと近づくけど、 LCD 上に物理ボタンがありますから。デフォルトの AF モード変更のまま。これはたぶん使わない。


 こうして X-Pro2 に近いけど同じではない UI ですが、総じて FUJIFILM X の UI だと感じて、使い勝手は総じて良いです。

 併用の混乱を避けるためには、 2 台同時使用のために X-Pro2 をもう 1 台買うべきなのでしょう。(笑)
 X-E3 は、身軽に単機でスナップシュート用として持つのが吉かも。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-E3 の印象とか、その後(1)


 いま X-E3 につけてあるレンズは XF27mm F2.8

 X-E3 の小ささ軽さを最大限に活かすレンズだろうと考えて、出かけた先でそうしてから交換していません。
 単焦点ですから画角固定。ぽてち的「これ 1 本で」の画角。

 手ぶれ補正が無いことが主な理由で、画角の自由度が無いことが従の理由で、家の中では手に取ることが少ないのですけどね。



 手ぶれ補正が無いことで、カメラをこれまでと異なる設定にしてあります。


 ISO 値を 200 ~ 3,200 の AUTO で、最低シャッタ-限界を 1/200 にしてあります。
 レンズの絞りは F4 くらいにしておくよう心がける。

 高感度画質の向上を積極利用して、ボケが強くなることに妥協。そう、ぽてちは被写界深度が浅くてボケが大きな写真は好きでないんです。
 でも妥協


 いいレンズのボケは綺麗なこと、知っていますけど。高いから。(笑)
 そういうレンズは、大きくて重いのも難点です。

 同様に、解像感がキレッキレ!の写真も好きでなくなってきました。
 大河ドラマ『真田丸』に出てきた伊勢氏直の前半。あんなの毎日目の前にしたら疲れまっせ。(笑)



 目が悪くなってきて、眼鏡で補正して見えていても、目と頭が疲れるようになってしもうたんです。遠近は左右の合焦範囲が狭いこともあって。
 よって、解像感を優先的に追ったレンズは、ぽてち的には地雷だったり。

 ちな、解像感の強弱と解像の有無とは、別のことなんですよね。

 諸性能があるセンに入っていて一部だけが突出せず、バランスが良い。そういうのが目に楽だと思うようになってきています。
 すると、ニコンは高くないレンズもよくできてると思えてくる。
 FUJIFILM だと XC16-50mm F3.5-5.6 OIS なんて安いあたりも。

 鉄板の XF18-55mm F2.8-4 OIS は、解像感がちょっと強すぎかな。
 センサ-の画素数が増えてきて、目につくことが増えてきました。
 小型軽量であることを含めて諸性能が高くまとまっているから、撮る気で出るときはこれですけど。



 脱線回復


 しっかりと押さえて、屋内でも照明がしっかりあたっているものなら。手ぶれ補正なしでも何とかなる感じです。


 これが X-Pro2 だと。

 ISO を 200 ~ 1,600 の AUTO で、低速シャッタ-限界を 1/40 にしてあります。
 撮り終えたら絞りを F5.6 に戻しておくよう心がける。

 レンズは XC16-50mm F3.5-5.6 OIS か、XF18-55mm F2.8-4 OIS
 手ぶれ補正にしっかり働いてもらう設定です。

 X-Pro2 を事実上の「これ 1 台」な「お手元カメラ」として、最も多用しています。小カメラバッグに入れてあって、体を回せば即座に手に取れるところ。



 X-E3 の話しに戻って。


 日中屋外では、設定がちっとだけ違う。 IOS AUTO の上限を 1,600 にして、低速シャッタ-限界を 1/250 に。絞りは F5.6 を心がける。
 よく晴れて日射しある日中の屋外だと上限を 800 で、低速シャッタ-限界が 1/250 で絞りが F8 戻し。

 ともに低速シャッタ-限界が高いのは、を撮る機会を得たときのため。(笑)

 んな感じに設定して、バッグの中。


 フィルムシミュレ-ションを初めとする画質の設定は X-Pro2 と同じで、ほぼ固定です。

 シミュレ-ションプロビアで、シャドウト-ンを-1、ノイズリダクションを-1。以上。

 フィルムシミュレ-ションを変えて写真作りをする楽しみがある事。撮影講座担当の方やプロの話しでわかっていますけど。
 ぽてちはまだそこまで至っていないものですから。

 透明感ある鮮やかさが美しく、でも「やり過ぎでない『プロビア』一本槍。
 記憶色に近くてナチュラルに見えることも『プロビア』が好きな理由です。

 いじっていると、何が良くて何が失敗なんだか、わからなくなってしまうし。(^_^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.09

いっしょにおねむ


 しばし腰を伸ばそうと、布団にゴロしたら。

 必ず、扉の外でしばらく中の様子を伺ってから。唐突に飛び込んできて、ハウスに飛び乗る。



 乗ると必ず毛繕いを開始して、一通り満足すると。キュ-とか ピ-とか言いながら、あんちゃんの脚の間に移動する。



 移動した後、長い毛繕いをするのも必須です。このステップがどうして必須なのか。わかりません。(笑)

 画像は、どんな姿勢でいるのかを見ようと、手にしていたタブレットのカメラで見て撮ったもの。


 ハウスの上で長い毛繕いを終えて、そのまま寝るときもありますけどね。奴の気分で切り替わる、一定期間の周期があるようです。



 続き。

 毛繕いを終えたくらいのタイミングで あんちゃんシ-に行きたくなって、ごめんね言いながらトイレに行った。
 トイレの後、 PC 小部屋で一服を始めたら。

 迎えにきました。(^^;



 わかったわかった。おふとん戻るよ。おいで。一緒におねむしよう。

 声をかけてゴロに戻ると、ちょっとだけ間を開けて。



 爆睡に至ってしまえば、あんちゃんが移動しても寝ています。こうして顔を載せられていると、起きてしまうから動けませんが。
 爆睡に至るまでにはひっくり返るから、動けるようになるです。

 ちなみに、あんちゃんの脚は むき出しであるのが快適らしい。次善は、薄いタオル毛布がかかっている状態。
 パジャマズボンを履いているのは良くないそうです。謎。(^_^;)


 人間の不在時は、日中によく寝ているらしい。

 あんちゃんが日中も在宅していると、あんちゃんの動きが気になって、しっかり眠れないらしい。
 これは おね-ちゃんの在宅時も同じようですが。

 日中も在宅しているときは、様子と時間を観ていて、寝かしつける必要があるらしい。
 そうしないと夕刻以降が不調に見えて、晩にぐずり始めもする。(^^;
 「もう寝ようよ」と思しき ピ-!キャ-!騒ぎが大きいです。(^^;


 猫が家にいると、面倒くさい。


 過去の経験から十分わかっていて迎えたけど。思っていた以上に面倒くさかった。(笑)
 夫婦二人で共通の感想です。

 宇宙船の中の暮らしみたいなものだから、そうなってしまうのでしょう。


 2 人そろって泊まりの旅行をしないとか、帰宅が 2 人とも遅くならないようにするとか。
 これも面倒くさい事なんですけど。 3 年間、 1 度もせずにいます

 キャラからしてペットホテルがダメだとなったので。

 今後 20 年近く、 2 人そろって泊まりの旅行をできません。仕方ないこととして覚悟しています。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.07

暑さ耐性を


 これを撮ったのは、ぽてちに割り当てられた 2 分間の占有時間だったのですけどね。
 占有時間でもこうですから、積極的な参加者がいると講師近くは位置取りが難しいわけです。で、いるのが普通。


 さて、扇子でパタパタしながら講師についてぞろぞろ移動しているとき。


 たまたま隣に位置したモデルさんに「暑いですね~。陽のあたるところに立つから大変でしょう」と声をかけ、扇子でパタパタ風を送る。
 「すいません。大丈夫です。慣れていますから。」との言葉。

 確かに慣れていて対処万全なのだろうし、だいぶ細身だから、ぽてちよりダメ-ジ少なそう。

 たまたま左に位置していた Nikon の引率おね-さんにも、同様に。こちらも同様の言葉。
 まだ 20 代と思しき、小柄で細身のおね-さんでした。

 ともに、汗を拭うこともなく歩いていた。



 ぽてちは家でカフェイン水分を摂り過ぎて、大汗だらだらだったけど。気温は 34 度くらいだったから、暑さに強い人が体調を整えていてビル日陰を適宜利用すれば、さほどのダメ-ジを受けなかったかも。

 この季節、細身の人の方が強いのかもですね。本当に。

 講師も、細身とは見えなくても、引き締まって見える体つき。特に辛そうにしている風は見えず、普通に過ごしているよう見えました。



 とは言え、暑いものは暑いでしょう。

 ほてちは趣味遊びだから、暑くてもう嫌だとなったら、サボることも途中離脱もできます。
 が、講師を含めて 3 人は仕事。逃れられませんね。

 後刻、引率の おね-さんが曰く。

 今日は夕刻からの 1 つだから、だいぶマシなんです。昨日は午前と午後の 2 回、暑さ厳しい時間帯に外でした。

 ぽてちだったら、今日は使い物にならない状態だろうと思った。(火暴)



 いきなりバイクは危ないけど、暑い日中に外を歩いた方がいいかもですね。

 好きに時間を使える休日は、睡眠と体力の回復チャ-ジに充てるのがお約束になっているのだけど。
 でも、どこかで無理をしないと、衰える一方・・・

 盆休みにでも、カメラぶら下げて出歩いてみますかね~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.06

体当たりの攻撃をくらう


 んちハイで駆け回って、ストッカーの上に飛び乗ったところへ近づいた。

 予想外のことに、肩に飛び乗ってきた

 うつむいて ちょっと前屈みになって、肩と首のあたりで座っていられるよう、姿勢をとる。けっこう苦しいのですけど。

 もそもそ動いて向きを変えて、ちょっとだけ座っていて、下りていった。


 約 30 分後、 PC 画面に向かいながら頭を触ったら、むにゅっとした感触の小さなゴミが・・・


 おわかりでしょう


 悪気はまったくないから、いいんですけど。(^_^;)


 指名手配写真



 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナップ写真風


 2 つ前にアップした写真を、ちょっとトリミングしたものです。
 50 mm 相当をちょっとだから、 75 mm 相当くらいになるのかしら。

 うん、スナップ写真風になりました。


 元はこれ。



 が、こうなったわけです。



 ちょっとだけスナップ写真風。(笑)

 何も考えずに「朝早くから暑いな~。このギラつきを撮れないか?」と撮った偶然の写真なんですが、考えてねらえば、スナップ風が撮れた瞬間でした。

 もったいないことをした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さ対処に失敗


 スナップ写真撮影講座の実習 1 回目。

 暑さへの対処に、大きく失敗してしまいました。


 夕刻近くに家を出るまで、全館冷房状態にして引き籠もり。全館冷房状態のおかげで利きが悪く、暑いからと、清涼飲料やアイスコーヒーをカプカプと大量に飲み続け
 何度もトイレに行くほどカプカプと大量に飲み続け

 そして、キョーレツに暑い東京駅前へ。

 RS タイチの吸汗速乾シャツの上に普通のシャツでしたが、普通シャツがずぶ濡れになるほどをかいてしまいました。
 ずぶ濡れを見た Nikon の担当おねーさんや講師に心配されるほど



 根本は、飲みすぎ。(^^;;;

 飲んでいたのが、汗やシーで出て行く塩分等を補充できないものだったことも良くなかった。

 コーヒーやコーラはカフェインも入っていて、飲んだものを塩分等とともにどんどん出すことになって、体内水分の調整として根本的な失敗でした。


 頭痛とか立ち眩みとか気持ち悪いとか、ヤバイ症状は無かったですけどね。
 汗をだらだらかき続ける不快感で、集中に欠けてもうたです。
 汗だらは、それだけで体力も消耗するんですよね。(^^;;;



 講座の内容


 半分は講師について歩いて、講師の説明を聞いて講師が撮ってみせるものを背面 LCD で見て真似をする



 モデルさんを使った撮影で、主たる説明は、強い反射と人のの活用。
 アクティブ D ライティングを off にして、露出補正マイナスが推奨。



 時間の半分は、東京駅前界隈を好きに撮って歩く

 でした。で、ぽてち、ろくなものを撮れていません。


 こういう実習では、講師が言うた通り真似して撮るのに適した位置に立つこともままなりません。
 受講者に積極的な女性が複数いたらなおのこと。講師の周りは彼女たちのもの。(笑)
 そこに後からぐいぐい入り込んで位置取りする気がありませんし。

 同じ講座の受講が 2 度目 3 度目にもなれば、先回り先回りで身を処すことも可能なんですけどね。
 そうしたとしても、講師の近くはなかなか難しい

 よって。

 聴いたその場で、かなりテキト-でも、いちど真似しておく。後々に、聴いたことを活用できる状況に遭遇したとき、活用できる状況を求めたとき、そのときが真似の本番。

 そんなつもりでテキト-に切っていますから、ろくなものになる訳がなく。(笑)



 好きに撮って歩くときも、事前にロケハン行って「ここで こんな瞬間をねらう」を頭の中に準備しておかないと、それっぽい写真が撮れるものじゃありません。

 撮ろうとしたとき アイデア 偶然 に恵まれる。そんな天然の bless が ぽてちにあったら、何十年も前にその筋から見出されているですよ。
 写真そのものか、少なくともそっち系で食べているはずです。


 ということは、 4 日(土)にロケハン行っておけばよかった?

 暑かったし。 (火暴)



 事前にわかっていても、いざ直面するとガックリとなる。
 4 日(土)は、気力も回復を図らねばならぬところでした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.02

ぼやき


 なんてことない逆光写真。

 でもこれが、 8 時前から 30 度を超えている図。そんな情報つきで見ていただくと、味わいが感じられ・・・るかも。(笑)

 この季節の外営業はキライ。(火暴)


 暑さが続く毎日ですね。

 エアコンの動作確認で見たら、 9 時にベランダが 33 。陽当たりエリア近くは 34

 9 時ですよ! 9 時!! ヽ(^◇^;)ノ

 たぶん、暑い時間帯はアメダスが 35 度か 36 度で、うちのベランダは 37 度 38 でしょう。
 うん、そんなものだったようですね。ヽ(^▽^)ノ



 エアコンの動作確認は、まさしく猫の生存確認です。

 もし、エアコン情報もネットワ-クカメラも、ともに受け付けないようになって、 10 分後に再び試みてダメだったら。

 最悪の事態である、停電が発生していると考えざるを得ません。
 それも、無事だった前回アクセスの直後からだと考えねばならん。

 そしたら・・・ 仮に重要案件で大忙しになっていたとしても、放り出して家に向かう覚悟です。
 手遅れかもしれないけど、放り出して家に向かう覚悟。

 窓際は、重い立場で重要案件に関わらないから大丈夫。(笑)



 気温の高さだけなら、 37 度も 38 度もそう珍しくないのだけど。

 今年は暑くなるのが早くて、それもあって今年マジ暑い!と感じるのでしょうね。

 感じるだけでなく実際に、 7 月 20 日すぎに 38 もの高温になることは、珍しいと思いますし。
 ふつ-なら、梅雨が明けたかまだか、といった時期ですよ。


 相棒が毎年きまって取り寄せる、岡山の清水白桃。今年はめちゃめちゃ甘くてジュ-シ-♪



 なんだけど、果肉の質がイマイチのように思います。豪雨は直前で、そこへの影響は、あって表面の痛みくらいのはず。
 デリケ-トな大玉白桃には、やっぱり暑すぎたのじゃないか?と。



 ここまで高温続きだと、休日は、体調を崩さぬよう引き籠もりつつ体力の回復を図ることしかできません。
 写真撮影講座に行ったり猫医者に行くくらいの事はしますけど。
 平日の晩も、昔の仲間と年に 1 度の会食くらい行きますけど。

 梨の手配に行って枝豆を手に入れてきたこともあったか。(笑)


 でもね~。車で 5 のス-パ-に行くことすら辛い
 家を出るだけで辛くて、エアコンが利き始める頃には着いてしまう。(笑)


 車な お仲間が箱根に上がる告知をしとったけど。箱根って、標高そんなになくて、 10 時にもなるとかなり暑いんですよね。(^^;
 陽なたが暑いのは奥日光でも菅平でも同じですが、低い分だけ暑い。

 夕刻からの撮影講座実習に、間に合うんですけどね。寝不足と暑さで消耗した後に都心溶鉱炉でうろうろしたら、倒れてしまうです。(^^;;;
 倒れなくても、開始直後に入った喫茶店から出てこず、撮らない。(笑)

 エアコンがある車のお遊び企画ですら、そんな調子。

 今年は特にバイクは無理ですね~。



 もしバイクに乗ったら・・・ わりとマジで、熱中症で深刻なダメ-ジを受けること、危惧しています。

 今の体調・体力だと、容易にヤバイ状態に転げ込むゾ、と。

 会社行ってるだけの日常生活でも、昼過ぎや夕刻に「ちょっとマズイかな?」思い始めることが、割とよくありますから。
 そうでなくても帰ってすぐに、猫に添い寝してもらって 1 時間とか 1 時間半のク-ルダウンとウトウトをして、ようやくコンビニ蕎麦の準備にかかれる感じ。

 あ、自慢でした? (笑)



 ワオを動かした最後はいつだっけかな?
 会津坂下へ行った、 6 月 20 日くらいだっけ??

 オイル交換のワオ店は会津坂下の前だった気がするし・・・

 今年はスタンプあきらめで、危険を感じながらでもバイクに乗る動機が無くなりましたからね~。

 次に動かすのは、最高でも 29 度くらいの日。 9 月末くらいになるのかな。


 あまり不動でもオイルが下がって良くないから、カバーを外してエンジンをかけるくらいは・・・ 駐車場が暑くてイヤ。(火暴)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.01

スナップ写真撮影講座( 1-2 )


 もうすぐ発表される Nikon のミラ-レス機。公式テザ-映像を元に、少しずつ分析が進んでいるようです。

 思うに、フルフレ-ムであることは間違いないでしょう。たぶんセンサ-は SONY 製だと思う。

 マウント径が 50 mm くらいだろうと言われていたのを裏付けるように、径がけっこう大きく見えます。
 これまたたぶん、もっと大きなセンサ-に対応するマウントだと思う。

 商業写真や風景で、中版への要望とニ-ズがあるはずです。

 応じるか否かは、 Nikon の経営判断ですけどね。伝統の F マウントを使わず新しくするなら、応じない方が不思議です。
 今さら「高い動画性能」は、お呼びじゃないはず。 Nikon 1 で懲りたはずだし。


 SONY α が APS-C とフルフレ-ムで、一般消費市場にやや軸足。 Nikon はフルフレ-ムと中版で、商業写真市場にやや軸足。そんな棲み分けかもしれません。
 APS-C と中版を分けた FUJIFILM 。各社の判断があって、面白いと感じています。



 絵作り・画風について、ぽてちの真の好みは Nikon FUJIFILM も好きだけど、やり過ぎと感じることが、ちょこちょこある。でも何よりも、カラ-調整ほぼ不要の楽ちんさが好き。

 ほぼ余談ですが。 SONY は ぽてちの好みとチト違う。だで、 RX100 系に手がでません。
 もしかすると、SONY の画風が好きな人は RICOH GR も好きかも。


 話し戻って。

 D850 で、 Nikon も楽ちんになりました
 カラ-バランスをいじらずに済む楽ちんさ♪に加えて画風が好み

 大きく重くなければ、 Nikon がメインで不動のはずなんです。操作性や確かな手応えも、圧倒的ですしね。
 FUJIFILM X の「扱う楽しさ」とは異なる、自在で極めて確かな心地よさ。


 ミラ-レスの機構と新しいマウントの新しいレンズ群で、大きさ重さがどうなってくるのか。
 Nikon DSLR が他を圧倒している AF の性能は、ミラ-レスでどうなるのか。

 正確な仕様一覧と、早い人のインプレが楽しみです。(^_^)


 いきなりの長い閑話休題


 スナップ写真撮影講座のこと。



 初回のガイダンス的座学をうけてきたと、 1-1 で書きました。

 過去に 3 回受けた FUJIFILM のスナップ写真撮影講座で聴いたことと、そこそこ被る内容でした。



 X100 から始まった FUJIFILM X は、スナップ写真の DNA が濃い。ア-ウィットだブレッソンだ、スナップ写真のあり方を変えた著名な写真家の作例をいくつも見せて解説しながら、そもそもスナップ写真とはから説き起こしていくものでした。

 「著名な作家の定評ある写真をたくさん見ろ」が繰り返され、参加者が撮ってくるべき課題写真への要求レベルも高かった。メモや記録・記念でなく、スナップ写真を!と。
 そして、講評もシビア。口が黙していても、黙していること自体と、気を遣って言葉を選んで語る内容や目や表情と、すべてが雄弁だった。(笑)

 いま思うと、かなり濃密で高度な講座でした。課題の提出と講評が辛かったけど、めちゃめちゃ良い講座だったわ~。



 今回の講座ではそこまでの話しは無く(当然だべな)、一般的な助言と注意事項、といった感じ。
 「この作例は、何をどう撮るか事前に考えて、ねらってるよ。季節も時間帯も選んでいるし、撮るとき時間かかってるよ
 要するに同じでした。「動いて視点を変えてみろ」も同じ。

 似たような話しで、「光の向きと質をよくよく観ろ、活かして撮れ」が「反射を活用しよう」になっていた。
 反射を活用しようと思ったら、光の向きと質に目がいきます。


 人物点景の話しが、 FUJIFILM の講座では「奇跡のようなタイミングをねらう」姿勢と、そのための「事前設計」と「長い待ち時間」を強調されていたのに対して。
 今回のは、「点景として活用してドラマ性を持たせる」だった。が、見せられた講師の作例は、絶妙のタイミングをねらったもの。光の向きと質も、強く強く意識されとった。もちろん、練られた事前設計がなければ撮れない写真



 同じことを考えていても、いま伝えようとするものが違う。そんな印象でした。

 作例で見せてはいるのだけど、口にすることは平易で、要求が控えめ。すなわち「まずは好きに撮りなよ参考までにねで、想定する客のレベルが幅広い。客がカメラで楽しむレジャ-度を意識している程度もやや高い印象を受ける。
 そうも言い換えられると思うたです。


 FUJIFILM の講座も素人が対象で、カメラのレジャ-なんですけどね。担当者の趣味性の高さが現れていたのでしょう。(笑)
 シェアがシェアで有するカメラがスナップ志向中心だったから、客のスナップ経験レベルを高く想定していて、深堀りしていたとも思う。

 未知の世界への明確な手引きを感じた、ひじょ-に良い講座だったと思います。無くなってしまったのが残念。
 4 回目 5 回目と参加して同じことを繰り返し聴いて、徐々に体に染み込ませていきたかったです。


 ちな、 Nikon の講座も良いのですよ。念のため。

 かつて参加した鉄道写真の講座も、築地市場のスナップ講座も、同様。「まずは各人のペ-スでやってみよう」「実習現地で訊いてくれればどんどん答えるよ」といった導き方。
 難しい・辛いと思わせないことも、一般対象で趣味を深めていくのに大切な方針でしょう。


 鉄道写真の講座と言えば。

 かつて参加したときの講師、助川康史さんが、講座会場の隣室で写真展を開催していました。



 青春 18 切符のポスタ-撮影で有名な長根広和さんのもとで活躍されていて、 TV で有名になった中井精也さんも、かつては「同じ釜の飯」だったらしい。

 めちゃめちゃ朗らかで、めちゃめちゃ おもしろ弾丸ト-クサ-ビス精神がはちきれているような お人柄。
 別の講座でお世話になった長根広和さんも似たようなキャラ設定だった覚えが。(笑)

 長根さんが SNS で、新しい社用車を買い与えた・その分だけ働け-!と書いていたから、助川さん、こき使われているのでしょうね。(笑)
 当日も、夜を徹して秋田から戻られて朝から展示会場だったようです。


 SNS で助川さんをフォロ-していなかったから写真展のことを知らずにいたですが、講師が「隣で助川プロが写真展をやっているよ」と。
 で、休憩時間に行ってみましたです。

 やられたわ。(笑)



 冗談だけでなく、ほんとうに。やられた・・・

 作品の数々を 1 枚観るごとに頭を殴られたように感じてこれは凄い・・・」のつぶやきが何度も。

 真似できるようなレベルじゃないですけどね。でも、家を出るとき頭に思い描くのは助川さんのような写真。現実はつまらない下手くそ写真だとわかっていて、撮りに行きたくなった。(笑)

 ぽてちの場合は おままごとレベルなんですけど。こんなの撮ってみたい!と思うことって、必要なんだな~と思うた。
 でないと家を出ないです。(火暴)


 本当にやろうと思ったら。

 様々な撮影適地を調べて何度も何度も撮りに行ってもちろん担いで歩いて登って藪に分け入って、「この季節この時間帯にこう撮ろうを頭に醸成していかないと撮れるものじゃないんですよね。
 そこまでできない意味でも、おままごとレベルです。(^_^;)


 とゆ-ことで、初回が終了。

 助川さんのギャラリ-ト-クを聴きにいくことなく、ニコンプラザ新宿を後にしました。
 台風が迫っていて、風による交通の乱れを危惧したものですから。(^^;

 中央西口から入って、特急のホ-ムに上る。



 特急のホ-ムは人が少なくて、楽に南口まで移動できます。d(^_^)



 南口へ回ったのは、駅弁を買うことが目的でした。コンビニ弁当よりずっと高いけど、ずっと美味しいから。機会があったら買って帰ります。

 蒸し暑くて、駅弁屋『祭』にも多い、甘辛い肉の弁当がちょと辛く。でも、こってりしたものを食べたくて。



 絶滅の危機が叫ばれる昨今、ちゃんとした鰻屋の鰻しか食べないことにしているのですが。



 いちお、鰻専門店だし。ス-パ-やコンビニ、ファストフ-ド等の乱売による資源圧迫と価格高騰の元になっている土用の丑の日」が、とりあえず過ぎていたことだし。
 一折りわずか ¥2,160- だなんて、これも乱売のひとつでなんですが。(^^;;;


 バスへの乗り換えで駅を出たとき雨無し風無し。断続的な強い雨が降ったのは、夕刻からでした。
 これなら助川さんのギャラリート-クを聴いてくれば良かった。(^^;

 断続的で、一過性。よって うちのあたりは川の水位警報が鳴ることもなかったです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.31

スナップ写真撮影講座( 1-1 )


 土曜日のこと。台風が不思議なコースで関東に迫る中、 Nikon のスナップ写真撮影講座に行ってきました。
 全 5 回中の、初回。初回はガイダンス的な座学です。

 よって、たとえ暴風雨でも大丈夫。 v(^_^)


 あぁ・・・ これが会社だと「来なくていい」にならんか?と思うのに。(爆)



 駅に着いて西口地下ロータリーを歩いていて、思った。さすが新宿!



 台風襲来で、それがもうすぐだと言うのに。えっらい人出。(人のことを言えない)

 タバコを吸える喫茶店が複数あって、ほぼ探さずに済んだ。
 帰りに入った喫茶店は、アイスコーヒー 1 杯で ¥750- !!



 さて、街中スナップ写真とな。冷静に考えると・・・

 Nikon 1 が終了した今、どう考えても 街中スナップ写真に向いたカメラが Nikon にあると思えない。(笑)


 初回は座学だから、カメラを振り回す必要がないのですけどね。家を出る準備をしていて、気づいてしまいました。

 実習の回で持って行くのは、当然 Nikon 機だろう。 Nikon の講座は他社製品でも断られないけど、他社製品を持って行くのは、さすがに気まずい。申し訳ない。
 で、手持ちの Nikon 機は D850 しか・・・


 クソ暑いのに、大きいじゃん! 重いじゃん! ヽ(^◇^;)ノ


 1 台だけだと選択の余地がなくて、悩まずに済むからいいんですけど。(笑)

 悩むのがレンズ。候補は 5


 まず、開放 f 値が低いことと画角の自由度、そして VR を重んじると。

  AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR  1,070 g + 1,005 g

 難点は、アホウのように重いこと。デカくて小バッグに入らないし。


 開放 f 値が低いことと軽さを優先すると。

  AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G  330 g + 1,005 g

  AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G  305 g + 1,005 g

 難点は VR 無し


 まだマシな重さと自由度、 VR を採ると。

  AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 465 g + 1,005 g

 難点は画質と、やや重いこと。


 自由度の高さと VR を重んじると。

  AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR  490 g + 1,005 g

 難点は画質と、けっこう重く感じられてくること。


 日暮れどきらしいから、 VR 無しは無理だな~。街中じゃ三脚を使うことがあり得ませんし。

 そこで講師に尋ねてみた。何か、特に重んじる項目があるかな?と思って。

 推奨は 24-70mm f/2.8E VR だったようです。が、真夏にこれは重すぎると、初めから牽制球を投げたので。(笑)
 で、提案されたのは 35mm f/1.8G でした。

 日暮れどきに VR 無しは厳しすぎると思う。そう話したら、じゃあこれだと、 24-85mm f/3.5-4.5G VR を。 1,470 g


 そこにたどり着いちゃいますよね~。消去法で。(^^;


 35mm f/1.8G でも 1,310 g になります。くそ暑い時期に 1,310 g を持ち歩いて、なのに日暮れどきの VR 無し。考えたくないです。ヽ(^▽^;)ノ

 もし VR 無しで挑むなら、 X-E3XF27mm F2.8 の、計 415 g にしたいところ。ほぼ 1 kg も違うですよ。
 これならまさに街中スナップ機的になって、絞り開け気味で高 ISO 値を積極利用しつつ、「ボケもブレも味のうち」ごっこをば。(笑)

 415 g が手元にあって、積極的な理由が無いのに、蒸し暑い中で 1,310 g で同じことをする気になるわけがない。(爆)


 なんてことで。

  VR と画角の自由度が得られる 1,470 g が落としどころでしょう。

 スナップ戦闘機の X-Pro2 と、レンズは妥協気味に XC16-50mmF3.5-5.6 OIS の組み合わせなら、 690 g なんですけど。(火暴)


 あらためて思った。 FUJIFILM X システムの優秀さを。

 APS-C のレンズ交換式で、 FUJI の絵作りと画質で、スナップ構成 415 g ですもの。


 そんな状況をナントカすべく、ミラーレス システムの発表がなされるようです。

 フルフレーム対応らしいから、 FUJIFILM X ほど小さく軽くはならないでしょうけどね。 SONY α がそうであるように、レンズが大きく重くなっちゃうはずで。

 でも、 Nikon だから。世間の期待からして、フルフレームは譲れないでしょうね。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.30

予防接種でどんより


 さすがに予防接種の影響がゼロとはいかず、朝から食欲ダウンしていました。


 欲しがって起こさないから出すのがだいぶ遅れた朝の缶の食いが悪く、いっしょに出すカリカリも口にしない
 牛乳くらい飲めよと昼過ぎに猫牛乳を飲ませたら、 14 時半にゲー。(^^;

 ゲーを観ると缶の消化が良くなくて、胃にけっこう残っていた。

 水分は摂らせなきゃな~と、 1 時間くらい様子を観た後に、ちゅ~る牛乳を飲ませました。これはペロリ。
(『ちゅ~る』 1 本を猫牛乳を 20 cc で溶いたもの)


 この日は酷く暑いということなく、寝室と PC 小部屋から流れ出る冷気で居間が 29 度くらい。居間で過ごしていました。
 カリカリをカリカリ!やる音も聞こえてきて、落ち着いてきたらしい。

 とどめで寝かせようと寝室に連れて行って、「いっしょに おねむ」で寝かせた図。



 あんちゃんが昼間もいるとあまり寝ようとしないで、調子を落とすんです。(^^;


 そして晩ぐあん。晩も欲しがらないから、具材ちょびっとスープのパウチを出す。スープだけ飲み干しました。

 おねーちゃんの帰宅後に「美味しいものちょうだい」が始まって、『ちゅ~る』を食べさせる。水分が多すぎても下痢をするだろうと、ちゅ~る牛乳にはしなかった。


 人間の動きが止まって猫も落ち着いてきて、よく居る場所で。



 PC 小部屋を出た、すぐ脇になります。

 流れ出てくる冷気で暑くなく、かと言って冷えすぎることもなくちょうどいいようです。で、何よりも、部屋から出てきた あんちゃんが必ず意識を向ける位置。

 踏まないように意識と目を向けるだけなんですけどね。(笑)
 美味しいものをちょうだいアピールができると思っているようです。

 「もう寝ようよのときも、こうしていることが多いかな。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«猫医者で大騒ぎ